オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市淀川区で瓦棒屋根の劣化による雨漏り調査。


texts
淀川区で雨漏りの問合せを頂きました。

築40年以上という調査でしたが、ハシゴを架け屋根にあがると

すぐに雨漏りの原因は分りました。

原因は瓦棒屋根の劣化です。

ここまで錆びてしまうとあらゆる場所から雨が入っていると考えられます。

雨漏りは基本的に部分補修で済む工事なら最低限の工事内容で雨漏りを止めます。

しかしこのように屋根全体が劣化してしまうと部分工事をしてもまた雨漏りしてしまう可能性が高いです。

いたちごっこになれば何度も何度も補修工事をしなければなりません。

劣化した屋根は屋根全体を葺き替え工事かカバー工事をすることが一番適しています。

調査をしっかりし、雨漏りを止める工事としてカバー工事を提案しました。
columns
IMG_79441
大阪市淀川区の現場調査で瓦棒屋根の劣化によって雨漏りしていました。築40年以上経って一度もメンテナンスをされたことがないとのことでした。
瓦棒屋根は金属でできており、昔の屋根ではよく錆びて穴が開いたや亀裂が入り雨漏りしたという被害が多いです。

IMG_7950
最近では金属屋根はガルバリウム鋼板を指すことが多くなりました。ガルバリウム鋼板はアルミや亜鉛などで非常に錆にも強く、耐久性も優れています。
屋根の葺き替えやカバー工事に多く採用されるようになりました。

columns
IMG_7990
部分的に補修することは困難でもし部分的に補修できても、また違う場所に亀裂や穴があき雨漏りしてしまう可能性があります。
これからも住み続けるということですので、部分補修はオススメできません。
カバー工事といって既存屋根にさらに屋根を造るという工法にが提案としてはいいと思われます。
カバー工事では廃材がでないので撤去費や処理費を省くことができます。

IMG_7982
またこの上からカバーするので同じような形状の立平で施工すると、屋根材でもかなり安価で抑えることができます。
屋根には谷が入っていますので、谷もガルバリウム鋼板でカバーさせます。
ドレンまわりも新し改修していきます。
もちろん直貼りではなく、ルーフィング(防水シート)を張り、屋根材を葺いていくという施工です。
これくらいの作業であれば1日で終わる工事で職人の人工もあまりかからずにできます。屋根からの雨漏りも完全に止まります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

豊中市 葺き替えリフォーム後の金属屋根

※2020年9月18日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。豊中市で屋根リフォーム・年間施工件数ベスト3位は、「...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

IMG_3552-1

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市でおこなった屋根葺き直し工事の模様をご紹介させていただきます。屋根葺き直し工事は既存の屋根材を再利用するとてもエコな屋根リフォーム工事です。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41