吹田市山田|またぎ巴から鬼瓦のズレから隙間が・・・。漆喰はどこへ?


あるべき漆喰が無くなっていました

鬼瓦のズレ
またぎ巴から鬼瓦へ向けズレています。

漆喰がない状態です。

経年により剥がれ落ちてしまったのでしょうか?

ぽっかり穴が空いてしまっています。

ここから雨水が侵入→雨漏りの原因となってしまうかも知れません。

大棟
大棟は真っ直ぐに通っておりますが、鬼瓦だけ左へと傾いています。

写真で見ていただくと分かると思います。

これは詰めていた漆喰が抜け落ちてしまったからなのでしょうか。
吹田市豊津町で屋根調査です。鬼瓦がまたぎ巴よりズレています。

隙間がポッカリ空いてしまい、雨水が入ってきてしまいます。これでは雨漏りが生じてしまいますね。

大棟は真っ直ぐ通っており、鬼瓦だけが傾いています。
その先の巴瓦は真っ直ぐ通っていました。

本来は土葺き工法では鬼周りには漆喰が詰められ、中の葺き土を雨水から守り保護していますが、中には漆喰がない状態でした。

のし瓦下の漆喰、面戸漆喰は削り取られ、葺き土がむき出しになっていました。
鬼瓦の漆喰は外気に思いきりさらされますので、直接雨風の影響を受けてしまいます。

鬼まわりの漆喰の剥がれは、古くなった家などの調査対象の一つになります。

補修は面戸、鬼瓦まわりの漆喰の詰め直しを提案させていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

生野区|本棟積み替え工事。なんばんとおいあて瓦を新たにしました。

大棟積み替え前の青い瓦屋根
大棟積み替え後の青い瓦屋根
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
防災棟 なんばん
築年数
約30年
建坪
4.7m
保証
5年間
工事費用
約20万円
施工事例

東大阪市。屋根漆喰詰め直し工事施工事例。

漆喰詰め直し工事
漆喰詰め直し工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
30年
建坪
40坪
保証
1年
工事費用
30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

詰め直し後の熨斗瓦下漆喰

|東大阪市の瓦屋根の漆喰を詰め直しいたしましたこの度は1階がガレージの3階建ての建物の瓦屋根の漆喰詰め直し工事を行いました。熨斗瓦の下の漆喰、屋根と壁の取り合い部分の漆喰、棟の丸瓦まわりの漆喰など、トータルで詰め直しさせていただきました。

劣化した屋根漆喰

■いまだ続く台風21号の影響と被害状況こんにちは、街の屋根やさん大阪吹田店現場ブログです。本日朝の情報番組で近畿を中心に大きな被害を及ぼした台風21号の長引く被害状況と進まない復興についてのニュースが報道されていました。いまだ取れないブルー...........

建物外観

■屋根瓦の漆喰が経年劣化ではがれています真っ白の綺麗な漆喰が映える瓦屋根。漆喰は「白」と思われている方が多いでしょう。実際白の漆喰の使用がスタンダードです。しかし漆喰には「黒」のものもあります。黒い漆喰は炭を混ぜ込んで作られますが顔料のため...........