オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大阪市東淀川区で防水工事!コーキング防水劣化による雨漏りとは


※2020年12月18日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

本日は、大阪市東淀川区にて防水工事(防水コーキング)をおこないました現場の様子をご紹介したいと思います。

雨漏りのご相談があり、東淀川区の現場ビルに防水点検にうかがったところ、外装の換気扇廻りの防水塗装が劣化して防水の機能が働いていない状態でした。

関連ページ

大阪市東淀川区にて防水工事をおこないました

そもそも防水工事とは、建物の雨や水にさらされる部分を防水処理し、建物内部に水が浸入することを防ぐ工事です。

建物のなかで防水工事が必要とされるのは、屋根(主に陸屋根)、外壁、庇、ベランダなど雨が直接あたる場所や、室内の浴室や洗面所、トイレなどの床です。

こういった場所には、場所や環境、周りの材質に合わせて様々な防水処理が施されています。

今回のようなコーキング防水や、一般的にはアスファルト防水、シート防水、塗膜防水などがあり、ベランダなど比較的狭い面積をカバーするFRP防水などがあります。

防水工事が適切になされる事によって、お住まいは雨漏りや水漏れというトラブルから守られていますが、それぞれの防水施工には耐用年数があり、いずれは経年劣化して防水機能をじゅうぶんに果たせなくなってきます。

そのため、お住まいのメンテナンスの1つとして「防水工事」「防水施工のメンテナンス」というのはとても重要です。

関連ページ



大阪市東淀川区にて防水工事前点検

IMG_1459
こちらが今回雨漏りのご相談がありました現場のビルです。

立派な自社ビルですね!

まだ築20年ほどの綺麗な外観で、パッと見たところ防水工事施工が劣化してきているようには見えませんでしたが、最近雨漏りしてきて困っているとのお話でした。
IMG_1470
雨漏りしてきている箇所に案内していただきました。

写真のとおり、こちらの換気扇取付け時に防水のために施されていたコーキングが少し剥がれていました。

ここが雨漏りの原因かどうかその場で散水試験をした結果、確かに水が建物内部に浸入したのが確認できました!

散水試験とは?
街の屋根やさん大阪吹田店では、雨漏り・防水工事前点検の際に、確実な漏水箇所(防水機能の劣化箇所)の特定と無駄な防水工事をカットするために散水試験をおこなっています。

もちろん、ただ闇雲に上から水をかけるわけではありません。

散水試験の際には、水をかける順番や量、かける長さなどを図りながら防水機能の劣化場所を特定していきます。

確実な防水機能の劣化場所を特定することにより、無駄な防水工事を省くことが出来るのです。

関連ページ

大阪市東淀川区にて防水工事開始です 

IMG_6278
散水試験により、特定した防水機能が劣化している箇所は高所の換気扇廻りでした。

梯子にのぼり、防水工事開始です!

大阪市東淀川区にて防水工事 テープ養生

IMG_1954
コーキングが劣化した際の防水工事は、まずは既存の古いコーキングを剥がしてからの作業になります。

また、後から施工する防水コーキングのラインを綺麗に出すために、マスキングテープで養生します。

大阪市東淀川区にて防水工事 防水コーキング

IMG_1957
今回のようなビルだけでなく、一般的な戸建て住宅などの建物においてもさまざまな防水施工箇所に使われているのがコーキング剤と呼ばれる充填剤です。

容器に入っている時には半固体状に粘りがありますが、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になり、雨風の吹き込みを防ぐ防水機能の役割をはたします。

今回のような換気扇まわりやサッシまわりなど、主に建築資材と資材の隙間に充填されます。

今回の防水工事で使用したコーキング材は、変成シリコンです。

コーキングは一見簡単そうに見える防水工事ではありますが、場所に合わせて最適なコーキング材を選ばないとまたすぐ雨漏りが発生してしまったり、余計なトラブルが起きて余計に防水工事費用がかかってしまったというケースが少なくありません。

近年のDIYブームで「なんとか自分でやれないか」とご自身でチャレンジしたくなる事もあるかと思いますが、そういった場合でもまずは街の屋根やさん大阪吹田店の無料点検をお試しください。

経験豊富なプロが現場をしっかり防水点検し、お客様に対して最適なアドバイスを致します。

関連ページ


大阪市東淀川区にて防水工事完了!

IMG_1970
防水コーキングを綺麗に打てました。

水をかけても建物内部に水が浸入することはありませんでした!

コーキング打ちも、大切な防水工事の一つです。

たとえわずかな隙間からでも雨水が浸入してしまうと、二次災害にも発展してしまいますので、今回のような防水メンテナンスはお住まいにとってとても重要です。

無事雨漏りが解決して、お客様にも喜んでいただけました。

関連ブログ



大阪市東淀川区で雨漏りや防水工事についてお困りなら「街の屋根やさん大阪吹田店」へ


index3-11_jup1
大阪市東淀川区で雨漏りや防水工事についてにご相談なら「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。

雨漏りが発生している時、雨染みが見つかった時は、お住まいの屋根やベランダ、外壁、サッシ廻り、今回のような換気扇廻りや雨樋の防水機能に原因が隠されているかもしれません。

お住まいの様々な場所にに施工された防水工事は、お住まいの防水施工法や気候環境にもよりますが、約15年前後で劣化症状が現れてトラブルになるケースが非常に多いです。

「多少の劣化ぐらい大丈夫だろう」と長く放置していると、雨漏りを引き起こしたり、お住まいの内部が腐食したり、台風などの災害時に思わぬ被害に遭ったりすることもあります。

「うちの屋根の防水工事は大丈夫かな?」

「うちのベランダ、何もメンテナンスしてないけど防水機能は劣化してないかな・・」

「家の防水工事なんか気にしたことなかったけど、うちは大丈夫かな?」

このような不安がありましたら、一度私たちの「無料点検」をお気軽にご利用してみてください。

いつでも無料で「防水層に関する相談」「雨漏り防水調査」「防水工事お見積りご提案」までさせていただきます。

もちろん、「すぐに修理とは考えてないが、家の状態と費用だけでも知りたい」という方も無料の雨漏り防水点検をご利用ください。

屋根・防水工事・雨漏り診断のプロがすぐに駆けつけ、丁寧な調査をおこない、お住まいの状態をご報告し、必要な場合は最適なご提案をさせていただきます。

関連ページ



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

修理後の復旧した雨樋

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨樋修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった雨樋の修理事例をご紹介します!目立たない存在ですが、「外壁を雨水から守り劣化を防ぐ」「建物の基礎を雨水から守る...........

お客様にご挨拶中

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で雨漏りにお困りですか?豊中市で雨漏り修理の無料お見積もりなら弊社におまかせください!プロが無料で豊中市へ駆けつけ、雨漏り原因を究明し最適な修理方法をご提案いた...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41