大阪市北区|屋根工事。屋根瓦の欠けや漆喰のはがれなどがありました。


今回は大阪市北区の街中にある青い瓦屋根のお家です。こちらのお宅の屋根の現地調査とメンテナンスの様子をご紹介します。
大阪市北区割れ欠け破損の見られる青い瓦屋根の現場

キレイな青い瓦屋根の現場でした

大阪市北区汚れと欠けの見られる瓦屋根の現場
青い瓦屋根歪みやズレが生じている様子
こちらの現場は鮮やかな青い屋根瓦の建物だったのですが、だからこそ汚れや欠けなどの不具合が目立ちやすいように思われます。
実際目視でチェックさせていただくと、歪みなども見られました。

のし瓦下の漆喰がはがれて無くなっている様子
■のし瓦の下に詰めてある漆喰

のし瓦の下には漆喰が詰めてあります。
状態のよい漆喰ですと、通常だと真っ白に輝いているのですが、劣化が進むと黒ずんでしまったり欠けが見られたり、ひどいとゴッソリと無くなっていたりする場合があります。

これはもちろん雨風など風化によるものもありますし、時によったら鳥がつついて漆喰が剥がれるなんてこともあるのです。
のし瓦下に詰めてある漆喰の劣化欠損
とにかく漆喰もやはり劣化するものですので、定期的なメンテナンスをオススメします。

漆喰が剥がれたり無くなったりすることによって、屋根瓦にズレが生じたり、そこから隙間ができ雨水が侵入、居室に雨漏りが発生!なんてことになったりしてしまいます。

美観も損ないます。真っ白な漆喰を詰め直して屋根をキレイに健康にしてあげましょう。
漆喰の不具合の他に問題はないでしょうか。引き続き見ていきましょう。
瓦屋根の歪みと浮きの下に暫定のコーキング剤
瓦の浮きや欠けが見られます。
その浮いた部分に暫定のコーキング剤が詰められているのが分かります。
このような処置があちこちに見られました。
瓦屋根が欠けて劣化している様子
瓦の浮きと歪み。
欠けや割れも生じ、瓦の塗膜が剥がれ下地の色が見えてしまっています。
瓦屋根ののし瓦を違う素材のもので代替している様子
本来の瓦が劣化によりダメになってしまったからでしょうか、代替として全く色目や素材の違う瓦が貼られていました。
屋根瓦と壁との立ち上がりの部分、黒ずみなどの劣化
屋根と壁の接合部分にあたる、立ち上がりの箇所です。
雨水が侵入してしまったのか黒ずみが生じポロポロともろく剥がれているようです。
瓦屋根と壁の接合部分の立ち上がりが大きく破損
こちらは立ち上がり部分。以前の修理のあとなのか板金を応急処置的に継当てており、カバーしきれていない箇所がポッカリと穴が空いてしまっているような状態でした。
瓦屋根と壁の接合部分の立ち上がり箇所が大きく破損、瓦が割れ中が丸見え
こちらも同じく立ち上がりの箇所ですが、どうしてこうなったのか分からないのですが瓦が大きく欠けています。この割れた部分の下地が丸見えになっていました。雨水は間違いなくここからも侵入しているでしょう。
以上のように不具合が多数見られました。

ところどころに隙間がありそこから雨水が侵入している可能性があります。
その雨水が屋根裏にまわり室内に入って行ってしまう前に早急な補修工事が必要だと思われました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市北区。棟の取り直し工事、袖瓦の葺き直し工事の施工事例。

棟取り直し
棟取り直し
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん
築年数
約30年
建坪
30坪
保証
5年
工事費用
約65万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。