オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

池田市 瓦の部分補修!劣化した瓦下地を新素材に交換します


※2020年8月26日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

今回は、雨漏りトラブルがきっかけとなった瓦屋根の部分補修工事をご紹介いたします。


今回はそちらの瓦屋根・部分補修工事の模様を大公開いたします!




大阪府池田市で瓦屋根の部分補修工事をおこないます

池田市で瓦屋根の部分補修工事①「雨漏り箇所」

雨漏り
まずは、瓦屋根工事のきっかけとなった居室内での雨漏りの被害状況をご紹介します。

天井はここ最近で雨漏りしたような感じではなく、かなり前からおこっている様子。

しかし、普段は使わない部屋であまり気にされていなかったということでした。

屋根を調査させていただいたところ、「瓦の割れ」「瓦下地の傷み」が確認されました。

雨漏りをとめるため、「瓦の差し替え」と「瓦下地の部分的な補修工事」をご提案し、今回、工事をおまかせいただきます!


池田市で瓦屋根の部分補修工事②「瓦屋根に葺かれたいぶし瓦」

瓦一部取り換え後
一見、綺麗に見える瓦屋根ですが、瓦の一部に割れが起こり、そこが雨漏り原因となりうる「雨水の浸入口」となっていました。


池田市で瓦屋根の部分補修工事③「瓦下地の状態」

割れた瓦の一部分をめくってみます。

すると、瓦の下には雨漏りで朽ちてしまった野地板と桟木が隠れていました。
劣化し傷んだ野地板
雨水が浸入し、常に高湿状態が続いているため朽ちてしまった野地板です。

黒く変色し傷んでいるのがお分かりいただけますでしょうか。
朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
桟木も見るからに腐朽しています。

撤去作業を進めますが、非常に脆くなっているため手で容易に外せるところもありました。


池田市で瓦屋根の部分補修工事④「傷んだ瓦下地を撤去」

朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
丁寧に劣化して朽ちた部分を取り除いていきます。
朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
取り除いた古い部材はその場でゴミ袋に。


朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
端処理は次の工程を綺麗に仕上げるためにのこぎりでカットします。
野地板の掃除
小さな木片も砂や土などのよごれもほうきではいて除去します。


池田市で瓦屋根の部分補修工事⑤「防水シートの設置」

瓦の下に敷く防水シート
綺麗に掃除した野地板の上に防水シートを敷いていきます。
瓦の下に敷く防水シート
アスファルトルーフィングの「モラサン」です。

名前の通り雨水を家の中にもらさず(漏らさん!)通しません。


池田市で瓦屋根の部分補修工事⑥「新素材の下地に交換」

新しい素材の引っかけ瓦桟の桟木である「プラスチック樹脂・タフモック」を採用し、交換・設置します。

朽ちて使い物にならない古い桟の代わりに、今回はこちらのプラスチック樹脂製の桟を使用いたしました。

プラスチック製なので水に強く木のように朽ちることがなく、耐久性は抜群です。

土葺きの代わりに瓦をこの桟に引っかけて取り付けるので、屋根の軽量化を図れます。


タフモック プラスチック樹脂製の桟の取り付け
モラサンの上に新しい桟木を置いてみてシミュレーションしてみます。
タフモック プラスチック樹脂製の桟
これがプラスチック樹脂製の桟木「タフモック」です。
桟を打ち付けるビス
これが桟を固定するビスです。
タフモック プラスチック樹脂製の桟の取り付け
新素材桟木「タフモック」を現場の大きさに合わせカット。
タフモック プラスチック樹脂製の桟
このようにビスで留めていきます。
タフモック プラスチック樹脂製の桟
生きているもともとの木の桟とつなぐように、新しい桟木を取り付けていきます。


池田市で瓦屋根の部分補修工事⑦「瓦屋根の部分補修 完了!」

補修後屋根瓦取付
補修した上に既存の瓦をのせていきます。

こちらの瓦屋根は土葺きではなく、桟という木材に瓦を引っかけて固定する工法で留められていました。

土が屋根にのっていないので、屋根自体の重量は軽いです。

しかし、今回のように雨水が浸入すると、桟や野地板の木材が朽ちてしまうトラブルがおきてしまいます。

今は雨水をシャットアウトする強力な防水シートや、水気につよい素材などいい屋根材、部材があります。

雨漏りが発生し補修が必要になった場合、我々はその現場に一番ふさわしく効果的な工法を選び施工していきます。

今回も耐久力、持久力に優れた新素材を使用し、工事させていただきました。

これで、長年悩まれていた雨漏りから解放されて快適にお過ごしいただけますね!


大阪府池田市で瓦屋根のことなら「街の屋根やさん大阪吹田店」へ

街の屋根やさん大阪吹田店 代表
大阪府池田市で雨漏りにお悩みでしたら、私ども「街の屋根やさん大阪吹田店」におまかせください。

いつでも無料で相談・調査・ご提案・お見積りまでさせていただいております。

もちろん、お見積りまででも構いません。瓦一枚からでも交換いたします!

屋根修繕・工事を依頼するか否かはお客様自身でご判断いただいております。

私どもは「不要な工事」「強引な勧誘」などは一切おこないません。

どうか安心してご遠慮なく無料調査をご利用いただけたらと思います!

分からないことやご不安なことがございましたら、私どもに何でもご相談下さいね。

お客様にご納得いただけるまで、しっかりと丁寧にお答えさせていただきます!

 関連ページ 


同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り原因となった瓦の割れ

※2020年8月31日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏り修繕費用でお悩みのお声をたくさんお聞きします。本日は街の屋根屋さん大阪吹田店の杉本が惜しみなく雨漏り修繕費用についてご紹介させていただきます!雨漏りの原因は様...........

雨染み

※2020年9月2日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の街の屋根やさん大阪吹田店・現場ブログでは、吹田市でおこなった2つの雨漏り修理をご紹介いたします。1つ目の事例は瓦屋根からの雨漏りです。そして、2つ目の事例は意外と多い外...........

はしご

本日は三島郡島本町より昨年の台風24号でめくれ上がった板金屋根の補修を週末に接近している台風19号までに直してほしいとのご依頼でした。雨が多少振っていましたが屋根に上り調査させて頂きました。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41