池田市|瓦をめくって劣化した野地板と桟木を撤去→新素材に交換


池田市の和建築下屋根に雨漏りの原因となる瓦の割れがみられました。
前回は居室の天井がめくれるなどの激しい雨漏りの劣化が見られたためお客様よりご連絡→居室天井や屋根に上がって調査→瓦をめくって原因を特定、といったところまで見て頂きました。
(※前回の記事へリンクします)

今回はそちらの補修工事をご覧いただきます!
瓦一部取り換え後

割れた瓦をめくってみると…

割れた瓦のいち部分をめくってみました。
すると瓦の下は雨漏りで朽ちてしまった野地板と桟木が現れました。
劣化し傷んだ野地板
雨水が侵入し常に湿っているため朽ちてしまった野地板。
朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
桟木も朽ちているため撤去します。もろくなっているため手でも容易に外せるところもあります。
朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
丁寧に劣化して朽ちた部分を取り除いていきます。
朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
取り除いた古い部材はその場でゴミ袋に。
朽ちた引っかけ瓦桟の撤去
端処理は次の工程を綺麗に仕上げるためにのこりりでカット。
野地板の掃除
小さな木片も砂や土などのよごれもほうきではいて除去します。

防水シートとしてアスファルトルーフィング「モラサン」を敷きました

瓦の下に敷く防水シート
綺麗に掃除した野地板の上に防水シートを敷いていきます。
瓦の下に敷く防水シート
アスファルトルーフィングの「モラサン」
(※リンク先に飛びます)
名前の通り雨水を家の中にもらさず通しません!
プラスチック樹脂タフモック                        

新しい素材の引っかけ瓦桟の桟木

朽ちて使い物にならない古い桟の代わりに、今回はプラスチック樹脂製の桟を使用いたしました。
プラスチック製なので水に強く木のように朽ちることがなく、耐久性は抜群です。

土葺きの代わりに瓦をこの桟に引っかけて取り付けるので、屋根の軽量化を図れます。
タフモック プラスチック樹脂製の桟の取り付け
モラサンの上に新しい桟木を置いてみてシミュレーションしてみます。
タフモック プラスチック樹脂製の桟
これがプラスチック樹脂製の桟木「タフモック」です。
桟を打ち付けるビス
これが桟を固定するビス。
タフモック プラスチック樹脂製の桟の取り付け
新素材桟木「タフモック」を現場の大きさに合わせカット。
タフモック プラスチック樹脂製の桟
このようにビスで留めていきます。
タフモック プラスチック樹脂製の桟
生きているもともとの木の桟とつなぐような形で新しい桟木を取り付けていきます。
補修後屋根瓦取付
■雨漏り箇所補修完了

補修した上に既存の瓦をのせていきます。

こちらの瓦屋根は土葺きではなく、桟という木材に瓦を引っかけて固定する工法で留められていました。

土が屋根にのっていないので屋根自体の重量は軽いのですが、今回の事例のように、雨水が侵入すると桟や野地板の木材が朽ちてしまうといった劣化がおきてしまいます。

今は雨水をシャットアウトする強力な防水シートや、水気につよい素材などいい屋根材、部材があります。雨漏りが発生し補修が必要になった場合、我々はその現場に一番ふさわく効果的な工法を選び施工していきます。

今回も耐久力、持久力に優れた新素材を使用し、工事させていただきました。

(※前回の記事へリンクします)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。