吹田市。雨漏りでしてはならない補修工事をご紹介。


吹田市にお住まいの雨漏りした家の調査の報告をさせて頂きます。
瓦屋根で絶対にやってはいけない補修工事をご紹介します。
屋根の専門業者では雨漏りしたからといって補修でも考えられないことですが、
屋根施工を知らない業者ではよくしてしまう補修工事の一つです。
昔からよくある日本瓦ですが、
当たり前ですが日本瓦は1枚1枚の単体を積み上げて屋根を葺いていきます。
もちろん、軒先瓦(屋根の一番下の瓦)kら棟(屋根と屋根が交わる一番高い場所)に向けて
下から上に葺いていきます。
雨は屋根の勾配を蔦って軒先側に流れていきます。
瓦と瓦には重なる掛りがあり基本的には瓦に隙間が無ければ雨水が浸入しないような
造りにはなります。
しかし、築年数が経つと瓦は丈夫でも、瓦の下地である下葺き材が先に劣化してしまい瓦と瓦に隙間が
生じ、雨漏りしてしまうことがよくあります。
これは土葺き工法(瓦の下のに葺き土などを用いる)に多く見られます。
この工法は昔の屋根の葺き方であり、最近では全くといっていいほど葺かれる工法ではなくなりました。
なのですが、古くなった家屋でこの土葺きによる瓦屋根の雨漏りがあとを絶ちません。
瓦の隙間が多くなってしまい、部分的に雨漏りを止めるというのが困難になってくるからです。
そこで、なんとか補修工事で雨の浸入を防ぐという手段でして補修してしまうのがこの「ラバーロック」です。
この補修の仕方は瓦屋根の葺き方を熟知していないと本当にとんでもないことになりかねません。
今回、ご紹介する屋根は雨漏りした結果、業者によりラバーロックされた事例です。
雨漏りも止まらず、逆に補修では雨漏りを止めることが不可能になってしまいました。
ラバーロック
一見、普通の瓦屋根のように見えますが、すべての瓦にラバーロックされています。ラバーロックとは瓦と瓦の間にコーキングを打つ施工です。本来は瓦のズレ留めとして
考えられた施工法です。
ラバーロック
瓦のズレ留めですが、写真はすべてコーキングによって隙間を埋められています。
これは正直、全く屋根のことを知らない業者によって補修されたものと言えます。
ラバーロック
雨漏りした場合に隙間を埋め、雨が浸入しないようにした結果、コーキングで塞ぐという結論に至ったのでしょう。
ラバーロック
しかし、これは絶対にやってはいけない間違った施工です。
そもそも雨漏りを特定させるは難しいことです。
隙間という隙間をすべて埋めてしまって万が一、小さな隙間でもあれば雨が入り水が抜ける場所が完全になくなってしままいます。
ラバーロック
平場でも同じことが言えます。
ここもすべてにコーキングが打たれている状態でした。
何度も言いますが、
ラバーロックとは瓦のズレ留めに用いる工法なのです。


ラバーロック
棟にもコーキングがギッシリ詰められている状態でした。
こここまでしていると雨漏りしていてもどこから浸入しているかわからなくなってしまいます。
結果、雨漏りを特定させることはできませんでした。
コーキングさえしていなければ雨漏りの原因を特定させることはできたでしょう。
屋根専門業者でであれば補修工事で雨漏りを止めることが出来たかもしれません。
しかし、今回の屋根で雨漏りを止める工法は屋根の葺き替え工事でしか止めることは
困難でしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根の間から雑草が生えている現場

本日は大阪府門真市の現場です。最近は天候が不安定で、雨がよく降り肌寒い日が続いています。お家に雨漏りなどは発生していませんか?

雨漏り

大阪市淀川区にある会社から屋根のご相談の問合せを頂きました。弊社は吹田市の江坂町という場所に本社があるのですが、北摂からや市内からのお問合せがかなりあります。近いというのはすぐに現場に行き調査をすることができるというのは大変お客様にも喜んで...........

カラーベスト屋根 屋根調査

春一番の突風が吹き荒れた3月。皆様の家の屋根は大丈夫だったでしょうか。こんにちは!屋根の事なら街の屋根屋さん吹田店の道明です。今回の現場は豊中市になります。台風被害でアンテナが倒れ修理した際に、業者さんから『屋根が壊れているから専門業者にみ...........