オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市北区 屋根葺き直し工事!既存の瓦で屋根を復活させました


街の屋根やさん松本
こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です!

本日ご紹介いたします現場ブログは、火災により、屋根に部分的に穴が開いたというお住まいでの修繕工事の様子をお伝えいたします。

釉薬瓦という陶器瓦葺きの屋根で、かなりの熱風が屋根上の煙突から出ていたようです。

その煙突の先から出た熱風が瓦事屋根を部分的に焼いている状態でした。

しかし、さすがは焼いて作られた屋根材、瓦はとても綺麗な状態です!

煤が付いており、見た目は汚れていますが、屋根材としてまだ頑張ってくれる状態でしたので、使える瓦は使い、屋根を葺き直す工事を行います!

屋根葺き直し工事とは?

そもそも屋根葺き直し工事とは、一旦既存の屋根材を取り外し、防水シートや野地板などの屋根下地を交換・補修してから、これまでの屋根材をまた乗せて屋根を葺き直す工事のことをいいます。

今回は瓦屋根の葺き直し工事なのですが、そもそも瓦は屋根材として経年劣化しにくい素材で、紫外線や雨風の影響を受けて錆びてしまったり防水性が失われたりといった機能劣化がない屋根材です。

ただ防水シートや野地板などの屋根下地は、どんな屋根材にしても必ず寿命を迎えます。

たとえば防水シートの耐用年数は約20年なので、表面の瓦に問題がなくても経年劣化して防水性を失ってくるため、雨漏り防止とお住まいの躯体を守るためにも屋根葺き直し工事が必要になるのです。

関連ページ

改質アスファルトルーフィングモラサン
垂木という下地も3本ほど焼けていましたので、垂木を補強で入れさせてもらい、屋根の下地に構造用合板を張り、新しい屋根の地面を作り、防水の仕舞いをしていきます。

屋根の地面に防水シートを敷き込むところからご紹介いたします!
ルーフィングを10cmラップさせます
耐用年数の長い改質アスファルトを使用したモラサンというルーフィングで施工箇所を全面覆っていきます。

この防水シートは屋根の流れ方向に10cmラップして上に重ねて雨が入り込まないように葺いていきます!
タッカーで防水シートを留めつけます。
もちろん固定も行います!

タッカーを使い、屋根の地面に留めつけていきます。

改質アスファルトルーフィングは高い釘穴シール性。

現在の施工では、この防水シートで2次防水をしっかり行うことが義務付けられています。

樹脂製桟木、煤のついた瓦
これが瓦です。

煤が付着しており、汚れていますが、叩いてチェックしても、しっかりと澄んだ音を出してくれます。

体中煤だらけになりながら、しっかりと屋根を収めていきます!

今回は部分的にですが、瓦を葺く際に土を使わない桟葺きで葺きなおします。

その瓦の下地となる桟木は樹脂製のものを使います。
桟木を鉄砲での地に留めつけていきます。
樹脂の桟木を鉄砲を使い留めつけています!

桟木自体に留めつけのマーキングポイントが書いてありますが、樹脂製の下地は、木と比べ柔らかく、たわむことがあるため、その倍で釘を打ち留めつけます!

重い瓦を支えるので、瓦がビシッと動かないよう施工するために手間を惜しみません。
葺きなおす瓦に下穴をあけていきます。
土葺きから桟葺きに変えるため、全瓦を釘打ちして固定していきます!

そのための下穴をキリで開けていく作業です!

しっかり1枚1枚固定していくことが、強い屋根を作ることになります!


軒先万十瓦の下地になんばんを入れます。
軒先や棟際の端の瓦の下には下地の土の代わりとなるなんばんを使い、瓦の高さを調節します。

もちろん釘で固定も行います。

軒先から、棟まで、しっかりと角度、高さがそろうよう、施工をしていきます!
瓦葺き直し
ここまでの段取りがとても時間がかかります。

瓦を葺きだすと、あっという間に施工が進んでいきます。

瓦のラインをそろえるため、水糸を張り、直線のラインをそろえて施工します。
瓦葺き直し中
後一列で葺き直し完了です。

完了後は清掃し、しっかりと屋根を守ってくれる屋根工事の完成です!

屋根葺き直し工事や屋根トラブルでお悩みの方は街の屋根やさん大阪吹田店へ

街の屋根やさん大阪吹田店 代表
屋根葺き直し工事といっても、今回のような火災被害にあった瓦屋根から、屋根材の経年劣化、部分的な屋根の損傷、下地である防水シートの寿命など、状況によってさまざまな原因と解決策があります。

経験や専門知識がなければ、劣化具合はどれほどか、工事が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、屋根トラブルの原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん大阪吹田店」では、そんな

「屋根トラブルの原因がわからない」
「屋根トラブルの解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった屋根工事前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、無料点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに屋根工事とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事の現場ブログ

街の屋根やさん松本

2018/06/06/ 大阪市北区 屋根葺き直し工事!既存の瓦で屋根を復活させました

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です!本日ご紹介いたします現場ブログは、火災により、屋根に部分的に穴が開いたというお住まいでの修繕工事の様子をお伝えいたします。釉薬瓦という陶器瓦葺きの屋根で、かなりの熱風が屋根上の煙突から出ていたようで...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市北区。棟の取り直し工事、袖瓦の葺き直し工事の施工事例。

棟取り直し
棟取り直し
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん
築年数
約30年
建坪
30坪
保証
5年
工事費用
約65万円
施工事例

茨木市|屋根部分葺き直し・瓦差替え工事

瓦差替え
瓦差替え
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
いぶし瓦、なんばん、改質ルーフィング
築年数
80年
建坪
約100坪
保証
1年
工事費用
約7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市北区。棟の取り直し工事、袖瓦の葺き直し工事の施工事例。

棟取り直し
棟取り直し
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん
築年数
約30年
建坪
30坪
保証
5年
工事費用
約65万円
施工事例

北区。笠木板金工事の施工事例ご紹介します。

笠木板金工事前
笠木カバー工事
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
27年
建坪
30坪
保証
3年
工事費用
約5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

居室雨漏り

吹田市五月が丘の既存のお客様から大雨の時だけ雨漏りがするとお問い合わせを頂きましたので、現場に急行させて頂きました。お問い合わせから現場到着まで1時間!!本来の姿を取り戻しつつある迅速対応で、お客様も喜んで頂けました。では調査の模様をご紹介...........

袖瓦飛散

本日は豊中市より瓦屋根の被害状況をご紹介させて頂きます。

大阪北摂地域では昨年の台風被害がまだ残っています。

世間は梅雨入り、九州では109万人に避難指示が出るほどの大雨が降りまし...........

差し棟

台風21号の強風により南面だけ被害を受けたスレート屋根のカラーベスト(コロニアルクアッド)部分葺き直し工事について工程順に紹介いたします。今回は既存屋根材撤去について御伝えします。施主様より「屋根部材が落ちてきて雨漏りするのではないか不安」...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41