防水紙が破れています。瓦を留めている土の下には防水紙が。吹田市桃山台

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

防水シートに穴
防水シートが破れて穴があいてしまってます。

屋根の和瓦の工法は瓦の下に大量の土を敷き詰めています。

雨漏りの原因は瓦の毀損も考えれますが、屋根の下地に大きく問題してきます。

写真は瓦を取り、その下にある土を取り除いた状態です。防水シートが破れますと、ここから雨水が侵入して、

雨漏りだけに留まらず、躯体そのものの強度にも大きく関わってきます。

桟木は腐食があり、野地板も場所によっては重さを加えると抜けてしまいそうな所もありました。