スレート屋根が割れていました!摂津市

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

先月末の大雨の際にいただいたお問い合わせの殆どが、
「雨漏りしているので見にきてほしい」が圧倒的に多いです!

雨漏りは漏ってしまってからでは、ストレスも溜まりますし、費用もかかります!

しかし事前に雨漏りを予測し防ぐのは素人の方では難しいのが事実です。


スレート屋根
では、このような屋根から予測できる雨漏り原因といえばいかがでしょうか?
まず目に付くのは、全体的な屋根材の経年劣化です。

手前側の棟から6枚目のスレート瓦が割れていますので、早期に補修することをお勧めしたいですね!
スレート屋根
全体的にスレート瓦の塗膜が酸性雨と紫外線の影響でしょうか?

剥がれ落ちています。

既存の色は茶系か黒系かの判別も難しい状況です!
スレート屋根
ケラバの板金で押さえているスレートが割れています。

場所的には屋根、壁に雨水が浸入してしまうリスクの高い箇所です。
スレート屋根
割れた屋根材が軒先の手前で残っていました!

火災保険に加入していて風災被害が適用出来るかもしれませんので一度保険会社に問い合わせしてみるのもいいかもしれませんね!
工事内容とすれば、ケラバの板金を外して屋根材を差し替えるか、劣化の具合を見ても屋根を葺き替えるか、

最低限、塗装はしたほうがいいと思います。

最近では優れたカバー工法専用材料もあります!

下地の状態にもよりますが、問題なければ既存の屋根材の上にルーフィングを敷き

屋根材をカバーできます。

50㎡くらいの切ずま屋根ですと、2日もあれば施工完了できます!

葺き替えとなると既存の屋根材に含まれているアスベストの処分費もかかりますしもったいないですね。

因みに弊社がカバー工法によく使用する材料は(アイジー工業様の断熱材と、屋根材を金属加工したガルテクトという商品です!

1㎡あたり重さも5キロくらいしかありませんし、瓦の10分の1位ですので地震にも強いといわれています!

材料塗膜補償もガルテクトフッ素になれば20年保証も!!

雨漏りする前に専門業者に点検してもらうと色々な提案をしてくれますので

お家の健康診断と思い点検してみてください!

マックスリフォームでは建物調査、点検は無料で行っていますのでお気軽にお声掛けください!