日本の地域別の住宅の違い

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

瓦屋根
■日本列島は縦長

日本には四季があり気候も様々…地域によっても気候などが違うため建築物の基準や法律も違っています。

その地域に合った家にするためにそれぞれに特徴があります。

どのような違いがあるのかをご紹介しましょう。

雪国や北国、東北北海道地方の住宅とその屋根
北海道や東北などの雪がよく降る地域では、高気密高断熱の住宅が基本です。

雪が屋根に積もりやすくなるために、平べったい屋根だと家屋倒壊の危険があるため平らな陸屋根は取り入れられていません

1階部分は雪が積もっても出入りが出来るように、地上よりも高く作られていることが多いです。

豪雪の際の停電のことも考えて、暖炉を使用する家庭も多いのも特徴です。
東京都はみなさんご存知のように物価が高い地域となり、土地の価格も高くなります。
そのため、小さい住宅が多いのが特徴で、一戸建てよりマンションに住む人も多いです。

土地が狭いので3階建てなどの住宅も多く、狭いスペースをいかに有効活用できるか、ノウハウが凝縮された工夫された家が多くあります。

交通量も多く、騒音問題に悩まされる方も多い為か、防音設備の整った家が人気です。
寒暖差のある東海、近畿地方では、冬の寒さよりも夏の暑さに照準をあてた住宅を建てる傾向があります。
北海道のように高気密高断熱の家にしてしまうと、夏の暑さを乗り切るのが大変になってしまうのです。

夏場風遠しをよくするために、窓が大きな家やファンなどを設置して外気を取り込みやすくしています。
水害が多い地域もあり、基礎工事を徹底的に行う住宅がほとんどです。
四国地方は夏はカラッとした暑さで、冬もそれほど寒くはなく自然災害も少ないのが特徴です。

木造や鉄筋、コンクリートなど、様々の家のつくりが見られます。
大きな駐車場付きの家が多いです。
九州地方の火山、活火山
九州も四国と同様に、温暖な気候であるため、木造や鉄筋、コンクリートなどの様々なタイプの住宅が混ざっています。

九州では火山が多く、噴石や噴煙などに備えた住宅設備の整った家が多いです。


シロアリが発生しやすい地域でもあり、木造よりも鉄筋の住宅が人気な傾向があります。
沖縄地方の台風に耐えられる住宅街の町並み
沖縄地方の9割は、台風による暴風雨にも負けない、延焼し難い耐風耐火構造の鉄筋コンクリート住宅です。
台風の強風に耐えられるように、網入りのガラスや厚めのガラスが利用されています。

最近はほかの地域と見た目がかわらない住宅も増えてきましたが、沖縄には独特な文化や気候がある為、沖縄ならではの特徴を多く持っています。

温暖な気候であることから、風通しを考えて設計されていることも多く、地域性から大勢の人が集まれる部屋やゲストルームがあるのも特徴と言えます。