吹田市垂水町|雨樋の交換工事。これで屋根からの雨水をしっかり排水してくれます


つかみ金具
■まずは雨樋の交換

雨樋を固定する「つかみ金具」を打ち込んでいきます。


金具を打ち込んだ時にできる隙間は、コーキングでしっかり埋めます。

少しの隙間も雨漏りや劣化の原因となってしまうので十分注意します。
つかみ金具
竪樋が真っ直ぐ取り付けれるように、つかみ金具も真っ直ぐに取り付けれられています。

間隔は1000㎜が基準です。
樋受け金具

つかみ金具の次は「とい受け金物」です。

さて、「とい受け金物」をとりつける前に、ピッチを測っていきます。

こちらの間隔は700㎜以内で均等に取り付けます。
とい受け金物
とい受け金物取り付け完了です。

しっかり固定されていますね!

このとい受け金物に雨樋を引っ掛けて、はめ込んでいきます。
before1
竪樋取り付け
雨樋の取り付けです。
樋の取り付けは慎重に。
horizontal
after1
雨樋
雨水は屋根から軒樋、自在ドレンへ。そして竪樋を流れ地面へ。
すべてキレイに取り付けれました。
完成です!
■吹田市千里中央で、雨樋の取り付け工事です。

まず、竪樋のつかみ金具の取り付けです。真っ直ぐビスで打ち込んでいきます。
金具を打ち込んだ時にできる穴との隙間は、しっかりコーキングで埋めます。

後から竪樋を取り付けるときに、竪樋が真っ直ぐ取り付ける為にはつかみ金具を上からでも下からでも見て、真っ直ぐ通ってなくてはなりません。


つかみ金具の取り付ける間隔は1000㎜を基準で取り付けます。
次に軒樋のとい受け金具の取り付けです。間隔は700㎜以内で均等に取り付けています。

打ち込んだとい受け金物が、グラグラしないようにしっかり留めます。


金物の取り付けが終われば、いざ樋の取り付けです!

施工はもちろんですが、新しい樋はキレイですし完成すれば見た目も気持ちが良いものです。
これでしっかり屋根から流れる雨水が地面へと排水してくれるでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したパラペット笠木部分

港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上...........

天井に雨漏り発生でガムテープで応急処置

摂津市の黄色いスレート屋根のレンガの建物の現場からです。まず通してもらったのが青空と白い雲の壁紙が張られた子供部屋と思われる居室でした。この青空の天井に雨漏りが発生したのか、ガムテープで何重にも応急処置がされていました。

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?