吹田市垂水町|雨樋の交換工事。これで屋根からの雨水をしっかり排水してくれます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

つかみ金具
■まずは雨樋の交換

雨樋を固定する「つかみ金具」を打ち込んでいきます。


金具を打ち込んだ時にできる隙間は、コーキングでしっかり埋めます。

少しの隙間も雨漏りや劣化の原因となってしまうので十分注意します。
つかみ金具
竪樋が真っ直ぐ取り付けれるように、つかみ金具も真っ直ぐに取り付けれられています。

間隔は1000㎜が基準です。
樋受け金具

つかみ金具の次は「とい受け金物」です。

さて、「とい受け金物」をとりつける前に、ピッチを測っていきます。

こちらの間隔は700㎜以内で均等に取り付けます。
とい受け金物
とい受け金物取り付け完了です。

しっかり固定されていますね!

このとい受け金物に雨樋を引っ掛けて、はめ込んでいきます。
before1
竪樋取り付け
雨樋の取り付けです。
樋の取り付けは慎重に。
horizontal
after1
雨樋
雨水は屋根から軒樋、自在ドレンへ。そして竪樋を流れ地面へ。
すべてキレイに取り付けれました。
完成です!
■吹田市千里中央で、雨樋の取り付け工事です。

まず、竪樋のつかみ金具の取り付けです。真っ直ぐビスで打ち込んでいきます。
金具を打ち込んだ時にできる穴との隙間は、しっかりコーキングで埋めます。

後から竪樋を取り付けるときに、竪樋が真っ直ぐ取り付ける為にはつかみ金具を上からでも下からでも見て、真っ直ぐ通ってなくてはなりません。


つかみ金具の取り付ける間隔は1000㎜を基準で取り付けます。
次に軒樋のとい受け金具の取り付けです。間隔は700㎜以内で均等に取り付けています。

打ち込んだとい受け金物が、グラグラしないようにしっかり留めます。


金物の取り付けが終われば、いざ樋の取り付けです!

施工はもちろんですが、新しい樋はキレイですし完成すれば見た目も気持ちが良いものです。
これでしっかり屋根から流れる雨水が地面へと排水してくれるでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

3階建て建物外観

こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店です!台風被災後の補修工事、現地調査のご依頼を多くいただいております。今回は摂津市のスレート屋根の現場からご依頼があり現地調査と応急処置をさせていただいた様子をご覧いただきます。3階建ての建物で、形状は切...........

台風で被災した瓦屋根

この度は大阪市生野区の青色の瓦屋根の現場調査に伺いました。こちらの現場も先日の台風の強風に瓦があおられ屋根等に甚大な被害を受けていました。大棟、下り棟の丸瓦は外れてしまっているところもあり、中の土もむき出しの状態です。強風のせいなのか棟の熨...........

ブルーシート養生した建物外観

屋根を全体的にブルーシートで覆った現場です。現地調査により屋根全体が大きく被災していることが分かりました。部分部分を小さく養生するより、建物自体そして家屋内部への被害や負担を考えて広くブルーシートで覆い応急処置という形をとらせていただきまし...........