鶴見区|金属屋根の軒先の笠木板金の成形と交換


こんにちは、街の屋根やさん大阪吹田店の現場ブログです!

お宅のお家の屋根は何屋根でしょうか?
昔からある瓦屋根、モダンなスレート屋根、スッキリとした金属屋根など多様な屋根がありますが、今回は近年大変人気のあるガルバリウムの金属屋根の一部を取り替える工事の様子をご覧いただきます。
ガルバリウム金属屋根の笠木板金を成形している様子

軒先の板金

ガルバリウム屋根の軒の笠木板金の様子
■軒先に取り付けられている既存の板金を外す

まずは現場に上りチェック後、既存の板金を外す作業からです。
屋根の軒の仕舞部分を笠木板金で覆い建物への雨水の侵入を防いでいますが、この笠木部分が経年劣化し板金を留めているネジなどのゆるみや、板金自体のゆがみ、ひび割れなどが生じていました。

そのままで放置しているとその箇所より雨水が入り込んでいく恐れがあるので、点検後、交換取替え工事させていただきました。
今回はこの笠木板金の交換取替え工事を行いましたが、現場の形状に合わせて成形した新しい板金を取り付けていく工事となりました。
IMG_1293-columns2-overlay
成形前の板金を加工する装置に設置します。
IMG_4453-columns2-overlay
手前に見えるハンドルで微妙な角度を付けて成形していきます。

新しい板金の取り付け

さて、いよいよ新たに作った板金を取り付けていきます。板金のサイズはピッタリに合わせてあります。
IMG_4478-1-columns2-overlay
先に成形した板金です。
IMG_4479-1-columns2-overlay
職人が取り付けていきます。
新しい板金を取り付けて完了、ではありません。板金を固定するビスや板金のつなぎ目からの雨水の侵入を防ぐため、コーキング剤などで隙間を埋めていきます。
IMG_4502-columns2-overlay
つなぎ目をコーキング剤で埋めていきます。
IMG_4495-1-columns2-overlay
徹底的に雨水の侵入を防ぎます。

板金を取り付け完成です

IMG_4506-simple-overlay
雨水が入り込む古い板金をこのように新しいものに取替えました。

板金に歪みもなく外観もすっきりとキレイになりました。

今回は板金屋根の補修工事でしたが、建物全体の健康を考えたとき、屋根自体でなくてもこういった部分部分のメンテナンスも大事になってきます。

完全に壊れたり破れたりする前に、気になった時や定期的なメンテナンスをぜひ心がけて下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。