オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東淀川区 現場調査に伺ったお客様邸で樋の清掃、屋根の点検を行いました。


texts
こんばんは!
街の屋根やさん、松本です!

今日の現場ブログは、
東淀川区に現場調査に行った様子をお伝えします!

雨樋のあふれと、
屋根の点検をお問い合わせいただきましたので、
現場の屋根に上り現状を点検してきました!
columns
IMG_3750
屋根に上り、お問い合わせの樋を確認したところ、

軒樋の集水器に葉っぱが詰まってしまっていました!
詰まった葉っぱが、朽ちて腐葉土のようになっていましたので、

取れるはっぱを取り除いて、
棒でついて水をお借りして流したところ、
綺麗に開通いたしました!

これでしばらくは安心です!
columns
IMG_3734
屋根を点検して一番最初に目に飛び込んできたのが
大棟の状態です。

この、鬼瓦周りの漆喰は紫外線が当たりやすく、
棟下の面戸の漆喰よりも劣化しやすく、
こちらの棟では剥がれ落ちてしまっています。

この瓦と、瓦の隙間から水が棟の中に入り込んでいる
可能性があります。
IMG_3731
棟の中は、固められた土にがあります。

施工当時は盛り固めた土にこののし瓦を差し込み、
固定を行っているのですが、

先ほどの瓦の隙間から、
水が入ることにより、中の土を崩し、
漆喰がはがれている隙間の真下の、
のし瓦がぐらぐらになっていました。


columns
IMG_3752-1
このままでは、
のし瓦が落ちてしまいそうでしたので、

のし瓦にラバーロックで仮補修をしておきました。

これで、近々で落ちることはないとは思いますので、
お客様も安心です!
columns
IMG_3709-1
連棟のお家でしたので、

屋根の取り合い部の様子です!

取り合いは捨て谷板金が入っていましたが、
板金の頂点は、平瓦を一枚置いているだけでした。
隙間も空いていましたので、
雨が降ればここから雨が簡単に入ってしまう状態でした。

ここも雨が入ってしまっては良くないので、
瓦の隙間はコーキングで養生をしておきました。
IMG_3715
先ほどを逆側の屋根の取り合い部です。

こちら側は壁際になっていました。
なぜか取り合いの瓦の上にモルタルのようなものが施工してあり、
それが割れている状態でした!

通常取り合いの下にも、
捨て谷という板金が入っているのですが、
日曜大工のような状態でした。
columns
IMG_3711
また、板金の上に乗っている、瓦は平瓦でしたので、
瓦の裏を伝い板金の奥に入ってしまう恐れがあります。

袖瓦(瓦の端が垂れている瓦)等を使えば水の回り込みはかなり軽減されると思いますが
板金と瓦の掛かりも薄く、
水の回り込みが心配です。

また、この瓦ですが、固定がなにもされておらず、
ラバーロックという、コーキングの仮止めだけで施工されていました。

お客様は先々、瓦の落下などを心配されていましたので、
ここも要注意ポイントになります。

棟下の漆喰も劣化が見られます。
texts

過去には雨漏りもしていたようで、

お客様の不安を解消し
先々安心して暮らしてほしいとの思いで、
補修工事と板金屋根への葺き替え工事
の2パターンでお見積りをさせていただき、

ご家族の皆様で検討していただいた結果、

葺き替え工事をご契約していただきました!

任されたからには、責任をもってお客様のために
頑張ります!お任せください!

調査に行った私、
松本和也が現場の管理を行いますので、
ご安心ください!


とても楽しい、暖かいお客様です。
色々な世間話もお話させていただいて、
とても楽しい時間でした!

弊社の施工では、葺き替え工事では、
定期点検も保証期間も、
1カ月、1年、3年、5年、7年
とつきます!
もちろん施工上の不具合は無償で保証させていただきます!
また、定期点検以外のタイミングでも何かありましたらすぐに飛んでいきますので!

なんでもご相談ください!

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

6b0e7e129cb1b53b974ccdff0342e907
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
屋根の修理かふきかえのどちらが実際に必要なのか? またその費用はいくらで妥当な価格なのか。
屋根工事会社をどのように探しましたか?
ネットで検索
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
ネット内で写真で詳しい修理の流れが説明してあったのですぐに連絡した。
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
実際に屋根に上がっていただき状況を写真で丁寧に説明してもらって安心した。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
とても誠実で良心的に説明していただき全面的にお任せしようと思いました。

お客様の声完工後

Qご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
A
Q街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
A
Q初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
A
Q数ある会社の中から街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A
Q工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A

この工事の現場ブログ

防水シート施工完了

2017/03/24/ 東淀川区 葺き替え工事、屋根材の施工から雨仕舞まで。

こんにちは!街の屋根やさん 松本和也です!本日の現場ブログは、大阪市東淀川区 屋根の葺き替え工事をご契約いただいたお客様の新しい屋根材の取付工事の様子です!こちらでは、大屋根は立平葺き、玄関上の急こう配の庇部はアスファルトシングル葺きとなっ...........

屋根の現状

2017/03/22/ 東淀川区 屋根工事着工の様子です。立平葺きへの葺き替え工事です!

こんばんは!街の屋根やさん 松本和也です!本日の現場ブログは、大阪市東淀川区で屋根の葺き替え工事をご契約いただいた現場での屋根工事着工の様子をお伝えいたします!屋根工事の初日は、瓦の捲り→葺き土の撤去→屋根の下地の新設→防水シート敷き込み順...........

屋根工事点検

2017/11/21/ 東淀川区|定期点検でコンクリート壁にクラック発見。コーキング材を充填しました。

本日の現場ブログは東淀川区の建物の定期点検の様子をご紹介します。屋根や外壁、取り合いの部分などをチェックさせていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区 屋上防水!防水工事で陸屋根からの雨漏りをとめます

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区 防水リフォーム!雨漏りがきっかけの屋上防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

修理後の瓦屋根

※2020年11月17日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府吹田市で瓦修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった瓦屋根の修理事例をご紹介します! 関連ページ 「目安が知りたい!屋根工事・屋根修理の料金プラン」はこちら

修繕後の瓦屋根

※2020年10月28日 更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府茨木市で屋根修繕業者をお探しですか?今回は弊社が茨木市でおこなった屋根修繕事例を大公開します!

雨漏り原因となった瓦の割れ

※2020年8月31日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏り修繕費用でお悩みのお声をたくさんお聞きします。本日は街の屋根屋さん大阪吹田店の杉本が惜しみなく雨漏り修繕費用についてご紹介させていただきます!雨漏りの原因は様...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41