大阪市東淀川区の雨漏り対策「防災棟」への積み替え工事開始。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

今回は東淀川区で、屋根から雨漏りが発生しているというお問い合わせがありました。

現地調査をすると、屋根の一番高い所の「棟」を留めている銅線がきれておりました。

これまでの工法では、棟を銅線で固定しており、多くの場合の多くが棟芯材ありません、

銅線は年数が経つと切れてしまいます。

地震時に崩壊する可能性があり、強い台風時には棟の瓦が飛ばされたケースもあります。

今回紹介する「防災棟」はガイドラインを遵守した1G以上の耐久性ある屋根下一体構造になっています。

科学的実験により実証された、耐震性の高い工法です。
防災棟金具の施工
「防災棟」の紹介を致します。

防災棟とは強化棟とも呼ばれ、阪神大震災後のガイドラインに沿った工法で、1Gまでの大地震や台風に耐える事が出来ます。

阪神大震災で0.8Gと言われています。

上記の写真が通称「防災棟金具」です。

高耐食性めっき鋼板で、腐食作用があります。

また、スライド式で高さ調整ができ、上・下段がロックされ振動、急こう配でも安全です。
防災棟金具の施工
この「防災棟金具」を下地にアンカーで打ち付けます。

この防災金具は60cmピッチで置いていきます。


防災棟金具の施工
防災棟金具の上に垂木を載せる為、防災棟金具にタコ糸をつけピンと張り

防災棟金具の高さを調節します。


防災金具に垂木を取り付け
防災棟金具の上に垂木を載せ横からアンカーを打ち付けます。


垂木になんばんを敷き詰め
次に「なんばん」を詰めていきます。

このなんばんを瓦と瓦の間に詰め込むことで、瓦同士の隙間なく接着することができ、雨漏りも防ぎます。

耐久性も抜群で、地震にも強く、はがれ落ちなどを防ぎます。
丸瓦をビスで取り付け施工
その上から丸瓦を置いて行きます。
丸瓦をビスで取り付け施工
防災金具を下地に打ち付け、その上に垂木を横からねじで固定し、なんばんを詰め

丸瓦を上からパッキン付ステンレスねじで棟部をしっかり固定します。
丸瓦をビスで取り付け施工
全て打ち付けていきます、躯体と一体化する事で棟の瓦が飛ぶ可能性は軽減する事ができます。

今回のブログは以上です。



この工事の現場ブログ

既存棟瓦が歪んでいる様子

2018/03/16/ 箕面市|『棟』は屋根の要。切妻屋根の棟を『防災棟(強力棟)』に積み替えました。

『瓦が飛散しているすぐに来てほしい!』。悲壮な声で助けを求められたのは箕面市の方でしたこんにちは!屋根の事なら街の屋根屋さん吹田店の道明です。棟が崩れてしまい、雨漏りが発生している家に飛んでいきました。今回の現場は箕面市です。それでは、『防...........

防災棟金具の施工

2018/01/11/ 大阪市東淀川区の雨漏り対策「防災棟」への積み替え工事開始。

今回は東淀川区で、屋根から雨漏りが発生しているというお問い合わせがありました。現地調査をすると、屋根の一番高い所の「棟」を留めている銅線がきれておりました。これまでの工法では、棟を銅線で固定しており、多くの場合の多くが棟芯材ありません、銅線...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

東淀川区屋上防水工事!機械的固定工法

屋上塩ビ防水
屋上塩ビ防水
工事内容
防水工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

東淀川区の強風で飛び散った棟瓦を『棟積み替え工事』で修理します。

崩れ始めている熨斗瓦
強化棟(防災棟)の施工完了
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟(下地なんばん)
築年数
築30年
建坪
約9m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約35万円
施工事例

東淀川区|雨漏りの発生。屋上の塩ビシート防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ2.0(田島ルーフィング)
築年数
約30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟積み替え工事

本日、鶴見区にあるとあるアパートの現場調査に行きました。問合せの内容は2階建てアパートの2階部分の雨漏り。雨漏り2階部分の屋根の広範囲に渡り及んでいるそうです。屋根は瓦屋根で至る部屋から雨漏りしているとのことですので、原因は屋根にありそうで...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........

防災棟

港区で防災棟に積み替え工事をした現場の着工~竣工までをご紹介させて頂きます。防災棟とは別名強化棟とも呼ばれ言葉の通り、頑丈な棟ということです。一般的に瓦屋根では昔から、棟下地のベースとしては土を盛り、のし瓦を積み上げ最後に冠瓦を積み、銅線な...........