茨木市の瓦屋根の棟が崩れて雨漏りが発生|防災棟への積み替え工事


回は、大阪の茨木市で台風が直撃し、屋根の下に「のし瓦」が落ちているとお客様からのお問い合わせです。

現時点で、雨漏りしていたという事はありませんでいたが、このままほっておくと雨漏りの可能性があります。

では、棟の積み替え工事をご紹介いたします。
20171207-1_171207_0015-1-columns1-overlay

上記の様な屋根の頂上を「棟(むね)」と言います。

棟部は、冠瓦(かんむりかわら)と呼ばれる棟の最も高い部分に半丸型の瓦が載せられています

冠瓦(かんむりかわら)の下には「のし瓦」と呼ばれるのある板状の瓦が三段積み重ねてあります

「のし瓦」は瓦の継ぎ目から雨水が浸入しやすいため、そこに「なんばん」等を塗り込みながら、

防水加工を施し、数段に積み上げて施工します。

段数が多いほど屋根下地への雨水の浸入を防ぐことができます。

のし瓦が取れると地震や強風で瓦がズレてしまい、雨漏りをします。


既存の冠瓦を取り外し
続いて冠瓦(かんむりかわら)を捲(めくっていきます。

瓦の下にはたくさん土(粘土)が入っています。

これは断熱効果が非常に高い利点があり、

その重さによって強風に飛ばされにくいので、台風効対策になり、

また地震対策としてもわざと重くすることで上下の揺れを防ぐと言われていました。

しかし、東北大震災において被害が多かったのが、この「土葺き工法」の屋根でした。
大量の土を撤去している様子
これは経年変化で、葺土の固定力が低下した為です。

今ではこの「土葺き工法」が使われる事はなくなり、「土」の代わりに「なんばん」と呼ばれる漆喰に似た材料を使います。

そして「強力棟(防災棟)」と呼ばれる「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に沿った工法で葺きます。


上記は土を手で全部取り除いている所です。

現状の瓦屋根は瓦と瓦の接着に漆喰が用いられています。

その内側は土(粘土)を盛ってのし瓦を固定しています。

本来、「のし瓦」は半分に割った状態で銅線で結び固定してあるのですが、

現状、銅線が切れてしまっており、のし瓦が風で飛んで行ってしまっています

瓦の下の土を撤去

こうなると、瓦がズレたり、ズレた瓦同士が当たり割れたり・欠けたり、そこから雨水が侵入し、

雨漏りが発生します。 

上記は土を取り切った所です。

今回のブログは以上です。次回は「強力棟(防災棟)」へ葺き替える所を紹介致します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円
施工事例

茨木市|劣化した谷板金をガルバリウムのものに交換した施工事例です。

劣化した谷板金
補修し直した谷板金
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ガルバリウム鋼板谷板金
築年数
約30年
建坪
約10m
保証
5年間
工事費用
19万円
施工事例

茨木市|部分葺き直し・瓦差替え工事

瓦差替え
瓦差替え
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
いぶし瓦、なんばん、改質ルーフィング
築年数
80年
建坪
約100坪
保証
1年
工事費用
約7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

崩れている棟瓦

こちらが前回紹介しました池田市の雨漏りの現場調査の模様です。棟瓦、壁の取り合い、ケラバ部分が崩れており、あちこちから雨漏りがありました。本日は棟の積み替え工事の模様をご紹介いたします。

既存ウッドデッキ

すっかり春になり、暖かい日差しになってきました。今回の現場は吹田市の屋上から綺麗な桜を眺められる家でした。こんにちは街の屋根やさん吹田店です。元々のお問い合わせは『屋上のウッドデッキを解体して欲しい』という内容でした。ウッドデッキは屋上に設...........

5段熨斗瓦の棟

前回は茨木市の住宅での雨漏り調査を行いました。調査の結果、間違った棟瓦の防水施工をされており、棟瓦をコーキングで埋めており、水の抜け道がなくなり、隅棟からの雨漏りしている事が判明しました。今回は、隅棟を一度取り崩し、防災棟への積み替え工事の...........