高槻市|台風が原因で屋根棟瓦の外れた住宅、「棟瓦部分積み直し工事」で改善


現調の様子 既存瓦の飛散

高槻市にお住まいのお客様より、棟の瓦が飛んで行っていまい隙間出来ているとの事で、屋根調査のお問い合わせをいただきお伺いいたしました。

屋根の状況として、棟瓦を留めているビスが取れてしまい、瓦が外れていると想定出来ます。ズレの状態によっては、雨漏りへと繋がる恐れが有りますので、早期修理が必要です。

【屋根の調査状況・瓦屋根】

現調の様子 既存瓦の飛散
屋根の現状を確認したところ、屋根頂上である棟の瓦が飛んで行ってしまった事で、隙間が出来てしまっています。取れた瓦は落下せずに雨樋に引っかかっている状態ですので、いつ落下しておかしくない状況です。
屋根棟瓦詰め替え工事
瓦は屋根材の中でも重い屋根材になりますので、落下してしまった場合、隣家の車を傷つける、人に当たる等二次被害は甚大です。
瓦は地震などの影響を受けやすい屋根材ですので、補修ではなく新しい棟瓦とに積み替える工事が最善対応でした。
IMG_1516-3-columns2-overlay
必要な工事として、他の棟瓦の状態も心配ですので、既存棟部分解体・葺き土撤去し、棟下地 なんばん詰め、棟積み直し、破損瓦差替えを行う「棟瓦部分積み直し工事」をご提案させていただきました。
既存棟 養生後
ハシゴを使い、お伺いした際に、落下防止と割れてしまった箇所から雨水が瓦内部に浸水すると、下地の劣化を早めてしまう原因になりますので、養生テープとマスカーで仮防水と補修を行いました。
現調の様子 既存瓦の寸法取
外れた瓦を降ろしました。現状の瓦はU瓦を使用しておりました。

IMG_1289-1-columns2-overlay
現在は生産中止の製品です。大きさを測り、同じ大きさの棟瓦を発注致しました。本日のブログは以上です。

瓦屋根調査・瓦屋根工事のご相談は、街の屋根やさん吹田店0120-1123-41にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事の現場ブログ

現調の様子 既存瓦の飛散

2018/02/13/ 高槻市|台風が原因で屋根棟瓦の外れた住宅、「棟瓦部分積み直し工事」で改善

高槻市にお住まいのお客様より、棟の瓦が飛んで行っていまい隙間出来ているとの事で、屋根調査のお問い合わせをいただきお伺いいたしました。

屋根の状況として、棟瓦を留めているビスが取れてしまい、瓦が外れていると想定出...........

既存葺き土としっくいの撤去

2018/02/14/ 高槻市|棟瓦の剥がれ・棟瓦のズレ、棟瓦部分積み直し工事で改善

前回は高槻市にお住まいのお客様より、棟の瓦が飛んで行っていまい隙間出来ているとの事で、屋根調査のお問い合わせをいただきお伺いいたしました。今回はお客様より「棟瓦部分積み直し工事」を依頼され工事に向かいました。ではその工事の模様をご紹介致しま...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大阪市北区。棟の取り直し工事、袖瓦の葺き直し工事の施工事例。

棟取り直し
棟取り直し
工事内容
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん
築年数
約30年
建坪
30坪
保証
5年
工事費用
約65万円
施工事例

東淀川区。棟の積み替え工事。工法は防災棟施工。

棟積み替え工事
棟積み替え工事
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災瓦
築年数
30年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
30万
施工事例

茨木市|なんばんによる棟の部分積み替え工事

IMG_9484
瓦積み直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん
築年数
80年
建坪
100坪
保証
1年
工事費用
約7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

高槻市|陸屋根雨漏り・塩ビシート防水絶縁工法・機械的固定工法工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップ(田島ルーフィング)
築年数
37年
建坪
45坪
保証
7年
工事費用
約80万円
施工事例

高槻市|スレート屋根の割れ・スレート屋根塗装

屋根塗装
屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
パーフェクトトップ(日本ペイント)
築年数
23年
建坪
50坪
保証
5年
工事費用
56万円
施工事例

高槻市|モルタル劣化によるベランダ雨漏り・ウレタン防水工事

防水工事
防水工事
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン塗料
築年数
50年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約43万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦 冠瓦の施工

こんにちは!屋根の事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。前回は、高槻市の現場で既存棟瓦を剥がす工程をご紹介致しました。今回は、棟瓦の施工する様子をご紹介致します。今回の施工方法は「防災棟(強力棟)」です。

屋根積み替え工事 のし瓦

前回は、降り棟(くだりむね)に「のし瓦」を1段積んだ所までをご紹介致しました。大棟から屋根の流れに沿って軒先に向かって下る棟を「降り棟」と呼びます。今回はこの降り棟(くだりむね)に、のし瓦を3段まで積み、冠瓦を積んでいきます。

20171207-1_171207_0015-1

今回は、大阪の茨木市で台風が直撃し、屋根の下に「のし瓦」が落ちているとお客様からのお問い合わせです。現時点で、雨漏りしていたという事はありませんでいたが、このままほっておくと雨漏りの可能性があります。では、棟の積み替え工事をご紹介いたします...........