最近で実際にあった雨漏り。雨漏りは大きいものから小さいものまで様々。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

雨染み

雨染み

雨染み

雨染み

雨染み

雨染み

雨染み

雨染み

マックスリフォーム、街の屋根やさんでここ最近で実際にあった雨漏りです。

雨漏りは大きいものから小さいものまで様々です。

どのような原因でとという訳ですが、

その多くは屋根に問題がありことが多いです。

お問合せ頂き現場調査をさせてもらうのですが、実は問い合わせの

多くは以前から雨漏りをしていた、気になっていたところでとかになり、

雨漏りして経過し、雨染みになって場合が多くあります。

雨染みはプラスになることは1つもありません。

雨が降れば必ずまた漏っています。

躯体の劣化にも繋がり、いざ修理となれば、部分補修で済まないことが多く、

屋根の葺き替えや、カバー工法と言った大がかりな屋根工事になります。

雨漏りの原因は様々で、大きく分けると、屋根、外壁、サッシまわりですが、

雨漏り箇所が多くなれば特定させるのも難しくなります。

屋根では屋根材の劣化や防水シートなどの下地の劣化が多く、

昔の家になればなるほど、葺き方も現在とは大きく変わり、和瓦を使った

工法では土葺きといって下地に土や杉皮を使っています。

雨漏りの調査では古くなった屋根ではこの工法が多く見られます。

経年で屋根の形が変わって、反ってきたり下地材や和瓦の劣化で隙間ができ雨漏りしてるなど

理由はたくさん考えられます。

今では、スレート瓦を使い、ルーフィングという防水シートが主流で、雨漏りの可能性は

まだ低いと思われますが、これも屋根形状や勾配、壁の取り合い部分など様々な家の形によっても

変わってきます。

雨漏りは発見すればすぐに専門業者に相談し調査してもらうことが大事です。

調査も有料、無料といろいろですが、良心的な会社であればほぼ無料で調査致します。

見積もりを見てから判断し、思っていた金額より安価でできることもあります。

長年住む家だからこそ大事に使い、またメンテナンスをしていくことも必要です。



街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら