雨仕舞とは?雨仕舞と防水との違い

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

雨仕舞と防水


街の屋根やさん大阪のホームページでもよく出てくる言葉「雨仕舞(あまじまい)

みなさんはどんな部分のなんのことを言うかわかりますか?


雨仕舞とは、雨水が建物に入らないように防いだり、雨漏りを防ぐことやその施工方法のことを言います。

雨漏りしないようにするならば、防水と同じように思うかもしれませんが、

防水は字の通り、水を防ぐということで、水を浸透させないことうを言い、

雨仕舞は雨を片づける、始末するというようなニュアンスになります。

つまり、雨水の侵入を防ぐために雨水を適切に処理するということです。

平面の雨漏りを防ぐのは防水、角や隅の雨水の侵入を防ぐことを雨仕舞と言います。

雨仕舞
屋根と壁との接続部分
棟板金
棟板金同士と屋根との立ち上がり部分
雨仕舞
外壁とベランダ床の立ち上がり部分


雨漏りの原因は実は雨仕舞の不具合によるものが多いのです。

防水紙が経年劣化で傷んでくると、雨漏りがする原因となりますが、

防水紙がまだ年数も経っていないのに、劣化してきた場合には

雨仕舞がしっかり施工されていない場合があります。

また、雨仕舞自体の施工不良ということもあります。

その他には、台風などの強い風や突風などでも雨仕舞が機能しなくなり、

雨漏りの原因となることがあります。

雨漏り

街の屋根やさん大阪では雨漏りなどの屋根点検も行っています。

雨漏りなど屋根トラブルでお悩みの方、

ご相談はお問い合わせページかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

雨漏りなどの屋根点検についてはこちら