オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大阪市都島区 雨漏りはプロの雨漏り調査で解決しましょう!


※2020年10月13日更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

今回は、大阪市都島区にお住まいの方から
「天井からの雨漏りがひどくて困っている・・」とのご相談があり、
街の屋根やさん大阪吹田店から雨漏り診断のプロが無料で雨漏り調査にうかがいました様子を現場の写真とともにご紹介したいと思います。

以前から雨漏りがあり、雨染みが出来ていたようなのですが、そのまま放置してしまったそうでだんだん雨漏りがひどくなり、今回の雨漏り調査のお問合せに至ったようです。

お住まいは築50年程の木造2階建て、セメント瓦を使用した瓦屋根でした。

 関連ページ 

そもそも雨漏りとは?

雨漏りは、お住まいなど建物の内部に雨水が入り込んでしまう症状のことです。

住宅トラブルの中でも約8割を占めるのが実はこの雨漏り。

雨漏りの代表的な症状は、

①天井に水が広がったような雨染みが出来る、水がポタポタと落ちてくる

②壁紙に雨染みが広がってくる

③降雨時に内側の窓枠がびしょびしょに濡れる

などがあります。

少しの雨漏りならまあいいかとつい雨漏りを放置すると、原因となっている雨水の浸入箇所からどんどん雨水が入り込み、お住まいの内部が傷んで腐食が進み、建物全体の寿命をも縮めることにつながります。

雨漏りによる二次被害、思わぬリフォーム工事、となるのを避けるためには早目の対処が必要です。

雨漏りが発生しないように、定期的にお住まいの点検をしておくのがオススメですよ。

 関連ページ 

大阪市都島区にて雨漏り調査開始!

雨漏りが発生した押入れ
1つ目の雨漏り箇所は押入れの中の天井です。

あまり頻繁に開けない押入れとの事で気づいた時にはこの状態だったそうです。

雨水が溜まって膨らんでしまっていますね。
雨漏りが発生した2階天井
2つ目の雨漏り箇所は、2階居室の天井です。

こちらはなんとか雨漏りを食い止めるために、お客様自身でガムテープで押さえて応急処置をされたようです。

このままでは、天井裏の雨水がどんどん溜まって木造の屋根裏や天井裏が腐食してしまいます。

大阪市都島区にて雨漏り調査① 雨漏りの原因となっているセメント瓦屋根

大阪市都島区 セメント瓦雨漏り
2階居室で雨漏りしていた箇所のちょうど真上にあたる屋根部分です。

目視ですぐわかるとおり、セメント瓦が外れてしまっています。

◎セメント瓦とは?

セメント瓦とは、セメントと砂などを原料に加圧成形させたあと乾燥させ、表面塗装した屋根材です。

耐久年数は陶器瓦よりも短く、30年程度と言われています。

また、セメント瓦自体には防水性能がない為、約10年~15年ごとに表面塗装が必要になってきます。

瓦の表面が色褪せてくれば、再度塗装をして瓦の保護しておくのが一般的なセメント瓦のメンテナンスとしての考え方です。

しかし、屋根の上にある瓦は普段目にする機会もないのでほとんどの方がなかなかメンテナンス出来ていないというのが現状です。

「築何十年でその間何も点検などはしてない」というのも珍しくありません。

今回雨漏り調査させていただいた現場も、雨漏りが発生したことがお問合せのキッカケとなりましたが、やはりほとんどの方は居室内の雨染みなど雨漏りしてしまってからのお問い合わせが多いです。

 関連ページ 

大阪市都島区にて雨漏り調査② 隙間から浸入した雨水による下葺き材の傷み

セメント瓦雨漏り②
瓦が外れている箇所はこのとおり、大きな隙間が開いています。

これでは確実に降雨時には雨水が浸入しますし、台風などの際には大量の雨が吹き込み、雨漏りに繋がります。

長い間雨水が浸入し続けた結果、瓦の下の下葺き材まで腐食して劣化したことで瓦が全体的に沈んでしまっていました。

大阪市都島区にて雨漏り調査③ 随所に見られたセメント瓦のヒビ

セメント瓦雨漏り
その他にも割れている瓦がありました。

セメント瓦雨漏り
この割れた瓦のヒビからも雨水が浸入してしまうため、ここも雨漏りの原因の1つです。



大阪市都島区にておこなった雨漏り調査結果

今回のようなセメント瓦屋根の劣化の場合は、大きく2つの解決策があります。

雨漏り解決策となる屋根メンテナンス
①葺き替え
既存のセメント瓦を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。
瓦を剥がしますので、その下の下葺き材や野地板といった普段メンテナンスしにくい部分も同時に交換や補修を行うことができます。
近年では、耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もいらっしゃいます。

②葺き直し
➡一旦、セメント瓦を取り外し、下葺き材や野地板を交換してから、再度既存のセメント瓦を再利用して塗装し直し、割れた瓦は交換して屋根を葺き直す工事です。
既存のセメント瓦を再利用出来ますので、費用を抑えられ、かつ廃材が少ないため環境にやさしいエコな屋根メンテナンスといえます。

関連ページ

大阪市都島区で雨漏り調査なら「街の屋根やさん大阪吹田店」

街の屋根やさん吹田店代表
雨漏りの原因は一つとは限りません。

また、雨漏りの原因は今回のように屋根だけとも限りません。

雨漏り調査は、屋根・屋根裏・外壁・サッシまわりなどお住まい全体の点検作業が必要です。

思わぬところから雨漏り原因となる「雨水の浸入口」を見つけ出すこともあります。

お住まいのメンテナンスを先延ばしにしてしまうと、お住まいの内部の劣化を早め、気づいた時には修理費用もケタ違いのものになる事も珍しくないのです。

不十分な雨漏り調査や的外れな修理は、残念ながら「雨漏りの再発」を引き起こすだけでなく、お住まい全体の寿命を縮めます。

そのため街の屋根屋さん大阪吹田店では、雨漏り診断のプロが十分に時間をかけて無料で雨漏り調査をおこなっております。

雨漏りの原因調査のためのお時間をいただき、徹底的に調査します。

雨漏り調査時に写真や動画を撮影し、普段お客様がご自身で確認することができない箇所を調査完了後に丁寧にわかりやすくお伝えいたします。

・すぐに修理とはまだ考えていらっしゃらない方
・「家の状態を把握しておきたい」という方

いつでも無料で雨漏り調査・お見積りまでさせていただいておりますのでお気軽にご相談くださいね。

 関連ページ 


「意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り 」はこちら





この工事の現場ブログ

雨漏りが発生した押入れ

2018/02/26/ 大阪市都島区 雨漏りはプロの雨漏り調査で解決しましょう!

※2020年10月13日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回は、大阪市都島区にお住まいの方から「天井からの雨漏りがひどくて困っている・・」とのご相談があり、街の屋根やさん大阪吹田店から雨漏り診断のプロが無料で雨漏り調査にうかが...........

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市 棟板金交換工事!飛散した棟板金を修理いたします

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板製)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

修理後の復旧した雨樋

※2021年3月22日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨樋修理をお考えですか?弊社が吹田市でおこなった雨樋の修理事例をご紹介します!目立たない存在ですが、「外壁を雨水から守り劣化を防ぐ」「建物の基礎を雨水から守る...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41