都島区。築50年2階建て。セメント瓦の劣化により雨漏り。


texts
都島区にお住いの方から問合せがありました。問合せの内容は雨漏りです。
以前から雨漏りがあったようですが、そのまま放置していると
だんだん雨漏りが酷くなり今回の問合せに至ったようです。
建物は築50年程の木造2階建て。
屋根材はセメント瓦を使用していました。
セメントか瓦とは
セメントと砂などを原料に加圧成形させた乾燥させ、表面塗装したものです。
耐久年数は陶器瓦よりも短く30年程度と言われています。
セメント瓦そのものには防水性能がない為、
メンテナンス(塗装)が必要になってきます。
瓦の表面が色褪せて来れば、再度塗装をして瓦の保護します。
塗装は塗料にもよりますが、約10年~15年程度と考えるのが妥当です。
新しいセメント瓦の場合は約10年くらいで一度、塗装することが
一般的なセメント瓦のメンテナンスとしての考え方です。

しかし、屋根の上の事ということなのでほとんどの方が
屋根のメンテナンスをされないというのが現状です。
築何十年で一度も何も見てもらったことがないというのはよく聞きます。
今回の現場調査でも雨漏りが問合せキッカケになりましたが、
だいたいのかたは雨漏りしてしまってから問合せの至ります。
屋根の上に上がり、雨漏りに繋がっている原因をご紹介します。
columns
20180130_180130_0044
雨漏り箇所は押入れの上です。
押入を頻繁に開けないと気づかないこともあります。
20180130_180130_0049_0
居室天井の雨漏り。
なんとか漏らないようにお客様自身でガムテープで
押さえたようです。
しかし、雨漏りは屋根からの浸入を止めなければ
止まりません。
columns
20180130_180130_0039
雨漏りしている箇所のちょうど上の屋根です。
瓦が外れています。これは瓦の下地が悪くなり
瓦が沈んでしまっています。

20180130_180130_0024
大きな隙間が開いています。これでは確実に雨漏りに繋がります。雨水が浸入し続けた結果、下葺き材まで腐食して
崩れてしまったようです。
columns
20180130_180130_0063
割れている瓦も確認できました。

20180130_180130_0017
その他にも割れている瓦がありました。
この割れた瓦の隙間から雨水が浸入してしまいます。
ここも雨漏りに繋がっています。

texts
今回の雨漏りの原因はセメント瓦の劣化により、瓦が割れて雨が浸入して
下葺き材が腐食して瓦の隙間が大きく開くことになりました。

この工事の現場ブログ

セメント瓦雨漏り

2018/02/26/ 都島区。築50年2階建て。セメント瓦の劣化により雨漏り。

都島区にお住いの方から問合せがありました。問合せの内容は雨漏りです。以前から雨漏りがあったようですが、そのまま放置しているとだんだん雨漏りが酷くなり今回の問合せに至ったようです。建物は築50年程の木造2階建て。屋根材はセメント瓦を使用してい...........

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市都島区の棟板金交換|飛散した棟板金を交換工事しました。

既存棟板金施工前
DSC_0291-1
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバニウム鋼板)
築年数
築70年
建坪
16m(棟部)
保証
1年
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根

豊中市で屋根の新設工事を着工しました。マンションの改修工事の中、部分的に屋根を新設するということで依頼を受けました。雨樋取付工事も今後にあるので竣工ではないのですが、今回は折半屋根を葺かせていただきました。施工の一部をご紹介します。

葺き替え工事

高槻市で葺き替え工事が着工しました。入母屋の瓦屋根、240㎡の葺き替え工事です。葺き替え工事をすることになった原因は大規模な建物のリノベーションです。屋根では瓦屋根からスレート瓦への葺き替え工事です。屋根工事では約1か月ほどの工期がかかり、...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41