摂津市 足場設置スレート屋根部分葺き直し


台風21号の強風により南面だけ被害を受けたスレート屋根のカラーベスト(コロニアルクアッド)部分葺き直し工事について工程順に紹介いたします。今回は足場設置をメインに御伝えいたします。

施主様より「屋根部材が落ちてきて雨漏りするのではないか不安」との依頼を受け調査に伺いました。施主様宅の裏側南面が大きく広がった工場用地となっていました。去年の台風21号による強風の通り道だったのでしょう。屋根南面だけスレート瓦が割れヒビ等の被害を受けていました。

前回は使用屋根部材の紹介を含め現地調査の様子を御伝え致しました。
今回その続きを御紹介いたします。
IMG00318-columns1-overlay
こちら側が施主様宅裏の南側面、足場設置場所になります。
幸い充分な空間があるので、しっかりとした足場施工が出来ます。

*足場が何故必要なのか?
・予算の都合で致し方なく足場を組まない事が稀にあります。
しかし屋根工事の場合ほぼ全て(簡単な半日等で終わる工事でも)必要となってきます。
 施工者のケガや命を守るためだけではありません。
施主様の利益を守っているとしても過言ではないのです。
万が一足場設置を省略して施工者が転落し大怪我や亡くなってしまった場合、
施主様への風評被害や精神面負担等、大きな不利益に継ってしまいます。
 また足元がしっかりしていなければ施工にも不安が残ります。
自動車のシートベルトやエアバッグは普段なにもなければ必要ありません。
足場も何もないのが当たり前なのですが上記自動車装備品と一緒で万が一に備えているのです。
 金銭面での負担増となりますが屋根工事の際は足場必須を御願い致します。
マックスリフォームは負担増となる足場も含め皆様からの問合せに御答えしております。
是非お気軽に御相談ください。
IMG01255_HDR-e1555493240687-columns1-overlay
縦・横の鉄パイプを組み合わせていきます。
水平器を使用して風雨に負けないガッチリとした造りを目指します。
職人さんの腕の見せ所でもあります。
IMG01261-columns2-overlay
最後に枠組み全体をメッシュシートで覆います。
IMG01260-columns2-overlay
メッシュシートの役目
①施工者の落下防止。
②施工者の精神的安心感。
③施工時の小さな飛翔物や埃の防止。
主に上記三点が挙げられます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........