摂津市|1面だけの足場を固定させる方法があります。

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

足場
足場が架けられない隣家との狭いスペース。
足場不可
こんなに狭いと足場を組むのは無理ですね。
足場
工事着工~足場職人現地着です。
足場
あっという間に、足場ができました。
足場
正面だけの足場でもバルコニーなどを利用し、固定させています。
足場
メッシュシートかけることによって飛散防止です。
摂津市で屋根のカバー工事、塗装工事着工しました。

本日、足場架け払い工事です。

工事依頼はケラバの板金が剥がれそうになっていました。
また落下してしまった板金もあり、簡易的な応急補修はさせて頂きましたが早急に工事が必要な状態でした。

カバー工事とは既存屋根の上に更に軽い屋根材を乗せ極端に言えば、もう一つ屋根の上に屋根を造るという流れです。

必ず足場が必要な工事となり、足場をつくる工事なので外壁の塗装もさせていたいただくことになりました。
狭小住宅が多い場所では、隣家とのサイドには有効な足場のスペースが取れず足場を架けるのが不可能なケースが多くあります。

ここの現場は両サイドはもちろん、裏も架けることができませんでした。
よって正面の道路からしか架けることしかできません。

今回の現場では、正面から足場をかけ、2階、3階のバルコニーを利用し1面だけの足場を固定させる方法があります。

本日、足場の架け払い工事に費やした時間はなんと、40分でした。
実に早く、正確で丁寧な仕事でした。

足場では、作業する職人の安全はもちろんですがその後の工事内容によっても足場の架け方を変えます。
作業の仕事効率を考えた足場が必要となります。

街の屋根やさんでは、屋根工事と足場工事を同じ職人にお願いしています。

屋根工事には大屋根だけではなく、下屋根、板金、樋などがあり足場の架け方も建物によって大きく変わってしまいます。

足場工事では常に屋根工事に必要な足場の架け方を知った職人が必要となります。
屋根工事職人と足場工事職人を同じにし、息の合った作業により職人の仕事の効率も良くなり工期の短縮にも繋がります。

雨漏りなどの緊急性を及ぼす屋根工事では、1日でも早く工事を着工させ竣工させることが大事です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

pixta_35397427_M

この度大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生いたしました。

雨漏り押入

東淀川区にお住まいになっているお客様の雨漏り調査に行きました。今年も雨季の季節で一番多い問合せが雨漏りです。雨漏りは当たり前ですが雨が降らないと雨漏りはしません。雨は季節関係なく降りますが、継続的に雨が降った事により雨漏りしてしまったという...........

ウレタン防水工事完了

先日3階建ての劣化し防水効果の落ちたベランダ屋上の様子をご覧いただきました。本日はそちらの現場のウレタン防水工事の作業を順を追ってご紹介いたします。ウレタン防水工事通気緩衝工法で施工させていただいた今回の現場ですが、この工法のメリットは防水...........