オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

箕面市 雨漏りしていた瓦屋根の葺き替え工事の様子をご紹介!


texts
※2020年7月1日 記事更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です!

今回ご紹介するのは、箕面市にて雨漏りしていた屋根の葺き替え工事の現場です。

既存の瓦屋根から新しいスレート瓦屋根へ変身しました。

その工程をご紹介させていただきます。


headlinesstrapline

そもそも屋根の葺き替えとは?

texts
葺き替えとは、既存の傷んだ屋根を撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。

今回の葺き替え工事では、和瓦屋根からスレート瓦屋根に葺き替えました。

葺き替え工事は既存の屋根材を解体・撤去するので、その下の防水シートや野地板なども同時に点検して必要があればメンテナンスや補修を行うことができます。

今回は雨漏り被害も深刻だったので葺き替え工事を行いましたが、こういった傷みや劣化した場合だけでなく、最近では耐震対策としての軽い屋根材にするために葺き替え工事を希望されるお客様もいらっしゃいます。

街の屋根やさん大阪吹田店では、お客様のお住まいづくりのプランや好みに応じて事前に無料点検を行い、様々な工事を行っております。

関連ページ



[]


columns
IMG_2143
施工前の大屋根の瓦葺き屋根です。
IMG_2142
何年か前に部分的に瓦を新しくしています。

屋根の下の野地板などの下地材がかなり劣化していました。

着工して足場ができれば早速、屋根工事開始です。

今回は雨漏りによる、屋根の葺き替え工事です。

columns
IMG_4477
まず下屋根や大屋根などがありますが、初めは大屋根から瓦の撤去をしていきます。

袖瓦や軒先瓦は瓦を撤去していく上で最後に撤去します。

そして大棟から軒先へと瓦を取っていきます。
IMG_4495
瓦を効率よく下ろしていく為、ある程度まとめて積んでおいておきます。

瓦の下には、葺き土と言われる土が屋根一面にあります。

瓦葺きや引掛け瓦葺きなどの工法ではこのように瓦の下に土を盛り瓦を留めています。
columns
IMG_4494
引掛け瓦葺きでは瓦桟などで瓦を留めるため、土の量はまだ少ないですが、瓦葺きでは瓦を撤去すると、土の量が引掛け瓦葺きより多くなります。

古くなった建物で和瓦を使用した屋根ではこの工法が多く見られます。
IMG_4501
軒先瓦、袖瓦を残し、ほぼ瓦が撤去できました。

瓦を撤去するだけでも大変なのですが、実はここからが更に大変です。土を取り除いていきます。

columns
IMG_4525
職人も土だらけになって土を取り除くとようやく、次の下地が見えてきました。

今は冬ですが、夏は更に大変な作業になります。
IMG_4542
ヒラヒラと見える下地はトントン葺きという杉皮を用いた防水紙です。

これも昔ならではの工法です。

IMG_4532
これも撤去??はしていきません。

この下地は残します。

既存下地の良い所、悪い所はありますが、張り替える必要は全くありません。

下地の良い所、悪い所も含めこの上にまるごと新しい野地板を形成します。

カバーすることにより、下地の悪かった所は良くなり、問題なかった所は更に良くなるということです。

columns
IMG_4593
胴縁といって外壁などでも使われる角材の棒を45㎝間隔で打ち込んでいきます。

このスペースが湿気などの通気の役割をします。

胴縁を打ち終えると野地合板を張っていきます。
IMG_4592
昔は野地板には杉の木が使用され板と板の隙間があるのが当たり前でしたが、今は合板と言って加工された板になり、よくコンパネとも呼ばれます。

建築では構造用合板と呼ばれ、1枚が大きく加工されていますので、板と板との隙間はなく継ぎ目も少なくなります。
columns
IMG_2209
大屋根に野地板が張り終わりました。

さっきまでの下地がすべて隠れました。大屋根の野地板部分だけ見ればまるで新築のようです。
IMG_4770
次に防水シートを敷いていきます。

最近でアスファルトルーフィングと言う防水シートが主流です。

野地板の上に直貼りしていきます。

ジョイントラップの重ねをしっかり確保し軒先から
大棟へと重ね敷いていきます。

columns
IMG_2213
きれいに大棟まで敷き終えました。
IMG_22271
大棟全体の写真です。

さっきまであった野地板が全く見えなくなりましたが、これで大棟の防水シート施工完了です。

ここからはスレートを張っていきます。
columns
IMG_5167
スレートが張り終わると棟、ケラバなどの板金施工をしていきます。
IMG_5165
既存の和瓦のイメージはもうなく新しい屋根まであとちょっとの工程まできました。

和瓦の状態の時は、正直、屋根材や下地が不安定で歩くのが大変でしたが、下地から変え屋根材もしっかりとまっていますので、全く不自由なく歩けます。

これからは屋根を歩くことはありませんが、それだけ屋根の安定感が増しました。
simple
IMG_5070
谷樋ですがここも、もちろん新しくなりました。

雨水を屋根から谷樋へ流れさせ、谷樋からしっかり軒樋へと流してくれます。
texts
大屋根の施工はほぼ終わりに近づきました。

街の屋根やさん大阪吹田店では、このように現場の施工をお客様、承諾の上、現場ブログとして掲載させていただいております。

雨漏りが原因で屋根の葺き替え工事でありますが、施主様の不安を少しでも取り除けるように施工のリアルな写真を常に提供し、ご説明させていただいております。

屋根の上に乗って頂くことができない分、屋根の上で行われている作業を細かく写真などで見ていただいております。

お問合せ頂いてから、現場調査~着工~竣工まで1つの現場で写真の枚数、約2000枚程撮ります。

施主様からの気になる所や質問には専門用語も入ると言葉だけで1度ではうまく伝わりませんし、ご理解も難しいと思います。

映像を通して説明するとより、理解しやすいとのお声を多くいただいております。

ちょっと気になることや、すぐに工事とまでは考えていないが点検はしておきたい場合など、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市都島区にお住いの方から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りの状況は、2階建・2階の天井から水が浸みだしているということです。今回、お問い合わせを頂いたのは住...........

屋根葺き替え後の金属屋根

※2020年9月23日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。豊中市で屋根リフォーム、屋根修理の業者をお探しでしたら、北摂地域密着型の「街の屋根やさん大阪吹田店」へおまかせください。今回は、弊社が豊中市でおこなった屋根リフォームをご紹...........

雨漏りしている天井と壁

※2020年9月11日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府摂津市のマンションオーナー様から無料雨漏り調査のご依頼をいただきました。雨漏りに気付いたきっかけは居住者の方からのお問い合わせということです。お話をお伺いすると、過去...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41