オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏り調査。屋上バルコニーに原因が。東成区


texts
大阪市東成区の雨漏り調査ですが、居室に大きな穴があいてしまっています。

何度も何度も雨が浸入した結果穴があいてしまいました。

室内の天井は壁紙がありその天井板は昔はベニヤが多く使用されていました。

最近の建物では石膏ボード9.5㎜~15ミリ程度のボードが使用されています。

天井根太に打ち込まれすのですが、石膏ボードに雨があたると染みになり、

穴があきます。そして壁紙にも雨染みをなり穴あきが発生します。

1度や2度の雨ではこのような状態にはなりません。

雨漏りを特定させる原因があります。

今回では屋上バルコニーが疑わしいと判断させて頂きました。

皆様、補修工事は原因箇所を特定させ的確に工事されたい方ばかりです。

疑わしいすべてを補修すればもちろん雨漏りは止まりますが、それでは費用がかかってしまいます。

雨漏り箇所を特定できれば、雨漏りを止める的確な工事ができ費用も抑えれます。

その為にしっかり調査していきます。


columns
IMG_5139
雨漏り調査。現場に着くとまず雨漏り箇所の確認をします。
様々な角度から写真を撮り、調査します。
IMG_5144
続いて雨漏りした上にある屋根やバルコニー、陸屋根などを調査します。ここの現場は屋上バルコニーでした。
屋上バルコニーや陸屋根も最近の建物でもい多く見られ屋根材は使わないで防水により施工されます。
columns
IMG_5140
屋上バルコニーの防水の劣化が目立つのが入隅や立上りといったコーナーです。
コーナーは水を溜めやすく、他の防水箇所は乾いていてもここは完全にまだ雨が乾いていない状態でした。
IMG_5142
亀裂や破れなどが良く見ると確認できるのですが、防水の雨漏りは
非常に多く、防水が劣化ているので雨水の浸入があると考えられます。
columns
IMG_9649
ドレンまわりもこのように泥やゴミによってせき止められ雨水の流れの妨げになっていました。
このドレンに泥やゴミが詰まって雨水がバルコニー全体に溜まってオーバーフローし建物内部に雨が浸入し雨漏りしている家を以前に、何度も見ています。
IMG_5170
この手入れは簡単で泥やゴミを撤去し清掃するだけです。
しかし、なかなか手入れをされている方が少なく泥などが蓄積してしまっています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

葺き替え後の屋根

※2021年1月19日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪市北区で屋根葺き替え工事をお考えですか?今回の現場ブログでは、弊社が大阪市北区でおこなった屋根葺き替え工事のリフォーム事例を2件ご紹介いたします! 関連ページ 「...........

大棟の様子

※2021年1月15日 記事更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏りにお困りですか?雨漏り修理のお見積りなら弊社におまかせください。プロが無料でトラブル原因を徹底調査し、最適な施工内容をご提案いたします。 関連ページ 「...........

葺き替え工事により雨漏りが解消した屋根

2021年1月12日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の現場ブログでは、吹田市でおこなった屋根の葺き替え工事をご紹介します!きっかけは雨漏り。今後も長く住み続けるご自宅です。雨漏りを解決させ新しく強い屋根へリフォームい...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41