箕面市 スレート屋根(カラーベスト)の屋根調査


箕面市のH様より、台風被害により瓦の一部が飛散したというお問い合わせを頂き、早速無料点検にお伺いさせていただきました。


2018_10_29_09_57_09_602_1-columns1-overlay
登ってみると、スレート屋根が劣化している状況が一目でわかりました。

スレート屋根はカラーベストという言い方もされますが、総合的に判断して経年劣化が進みやすい屋根材といえるかもしれまえせん。

赤みがかっている箇所が解るかと思いますが、20年以上経つと表面の塗膜がはがれてきて粉状になってきてしまう事がよくあります。

2018_10_29_09_57_09_619_3-columns1-overlay
棟に近い部分が南側に面していたのですが、台風による強風でスレート屋根がはがれてしまったのでしょう。

スレート屋根はセメント材質になっておりまして、耐久性が低くなってくると上のスレートとの結合部分が強風の影響で割れてしまうのです。

上の写真を見てもらえれば解ると思いますが、屋根材全てが飛んでしまっているのではなく、一部分が欠けて飛んでしまったという様子が解るのではないでしょうか?



2018_10_29_09_57_09_637_6-columns1-overlay
また、棟板金も一部飛散していました。

(このように一つずつが折り重なっている形状の板金をさし棟と呼びます。)




2018_10_29_09_57_09_697_16-columns1-overlay
このような症状になってしまった場合、選択肢は大きく分けて二つになるかと思います。


スレート屋根の一部分だけを補修する、部分差し替え工事。


もう一つは、屋根カバー工事もしくは屋根葺き替え工事の2択になるかと思います。



言うまでも無く、部分差し替え工事の方がご予算的には安くなります。


ただ、これからも長く住み続けられるのであれば思い切ってカバー工事か葺き替え工事にされた方がよいかもしれませんね。



H様もその部分を非常に悩まれていました。

どちらがいいですか?

と聞かれれば、もちろん葺き替え工事が良いに決まっています。


ただ、ご予算あってのリフォーム工事ですから、
無理にお薦めする事もしませんでした。



突然の災害で思わぬ出費になってしまった訳ですから、本当にお気の毒に思います。


ただ、今の日本では台風被害は決して他人ごとではありません。


せめて、棟板金の部分や屋根の補修だけでもしておけば、大きな出費を防ぐことも出来るのです。


街の屋根屋さんでは無料点検を実施しておりますので、少しでもきになるという方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

リッジウェイ葺き直し

1月に弊社は吹田市なのですが70kmほど離れた貝塚市から問合せがありました。「去年9月の台風で屋根一部が飛んでしまい近くの工事屋さんへ簡易補修してもらいました。その後いろんな工務店へ問合せしたのですが何処も診てくれないです。だいぶ遠くなりま...........

スレート屋根

高槻市のとある老舗旅館の屋根調査です。敷地の中の建物の屋根はたくさんありますが、今回工事の対象のなる屋根はスレート屋根です。スレート瓦が強風により一部が捲れてしまい、剥がれ落ちるいうスレート屋根では多い被害の一つです。スレートのベースとなる...........

庇板金

「庇屋根の板金重なり部分が外れていて雨漏りします。自分で応急処置しましたが上手くいかず養生しています。格好悪いので直して欲しい。」との事で早速調査に伺いました。庇屋根とは簡単に説明してしまうと”日よけ雨よけの単純な小さな窓上にある屋根”とな...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41