集水器に枝や葉がギッシリ詰まってます。このままでは・・・。吹田市清水

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

集水器のつまり
集水器に枯葉や枝がギッシリ詰まっています。
吹田市で屋根調査。雨水を集めて下に落とす桝である、集水器に葉や枝がギッシリ詰まっています。
これでは瓦から流れてく雨が軒樋を通って集水器で留まってしまい、下に落ちてくれません。

一度詰まると、屋根や軒樋の泥やゴミが蓄積して樋の割れや樋からあふれ出た、雨水が外壁や軒天を傷めてしまいます。
よく、とい受け金具が外れてしまっている家を見かけます。

写真は昔からある半円型の樋です。
築20年以上前の家はほとんどが半円型です。樋の種類や形状はたくさんあります。半円型より流水量が多く確保できる角形。

・軽くて組み立てやすいコストが安く広く普及されている塩化ビニール。

・錆びにくく、他の金属素材としては安い、屋根にも使われているガルバリウム鋼板。

・金額は高いが元々は耐久性が高く、近年では酸性雨などの影響で穴があくこともある銅。

・住宅ではあまり使用されないが、錆びない、たわみや反りもすくないアルミ。

・錆びない、継ぎ目も目立たないし耐久性も高いステンレス。
その他、合成樹脂などもあります。

樋といってもいろんな素材、形があります。昔は半円型が当たり前でしたが、樋の交換や補修する時は、住まれている環境やメンテナンス、価格なども考慮しておくのがよいです。