オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

波型スレート屋根のカバー工事を一挙大公開!


headlinesheadline

1.大波型スレートのカバー工事(鉄骨下地)

headlinesheadline

2.小波型スレートのカバー工事(鉄骨下地)

headlinesheadline

3.小波型スレートのカバー工事(木造下地)

texts
波型スレートは古い歴史を持ち明治時代から使用されていた屋根材なのです。
アスベスト入りの屋根材として使用されていたのは過去の話で現在では無機繊維とセメントをプレス加工し出来上がる立派な屋根材として使用されています!
企画寸法も小波型スレートで長さ1820mm幅720mm厚み6.3mm
大波型スレートは幅950mmと非常にシンプルな企画ですので廃盤商品が多い中メンテナンス工事でも活躍してくれているのです!
※大波型も小波型も長さのみ2120mmと2420mmがあります。

波型スレート耐久年数は25年から30年と言われており遮音性も6.3mmと厚みがありますので工場や倉庫の屋根、屋壁に使用されているのです。
今回のご紹介は波型スレート屋根をカバー工事する模様をご紹介させて頂きます。
headlinesstrapline

1.大波型スレートのカバー工事(鉄骨下地)吹田市現場写真

columns
IMG_0114
なぜ波型スレート屋根のカバー工事が増えているのかと言いますと
一つはアスベスト問題です。2004年以前の波型スレートにはアスベストが含まれています。(レベル3で比飛散物)
ですからガルバリウム鋼板で津熊工業様をはじめ波型スレート専用の屋根材を発明されたのです。
もう一つは工期の短縮と屋根に関しては作業期間中、工場作業を閉鎖する必要がないのです。
headlinesbyline columns
IMG_9753-1
津熊工業様のリファインルーフ大波用0.5mmを使用させて頂きました。
戸建てで使用する0.35mmは手で曲がりますが、
0.5mmは手で曲げるのは不可能なくらい丈夫です。
IMG_9784-1
クレーンを使用し材料搬入させて頂きました。
IMG_9783-2
玉掛資格者が屋根の上で合図をしながらの荷揚げ搬入作業になります。
columns
IMG_9787
既存の鉄骨下地の上にリンギをしき一点に荷重がかからないように材料を置いていきます。
IMG_9789-2
軒先に使用する屋根材は屋根の勾配で計算しあらかじめ工場で曲げ加工をして頂いています。
IMG_9750
その他屋根材も屋根にあげ作業準備完了です。
headlinesbyline columns
IMG_9739-1
前回の補修工事をした際に雨水の浸入を防ぐためにキャップをはめさせて頂いていました。
IMG_9721

IMG_9731-1
専用キャップです。波型スレートを固定しているフック型ボルトの頭を切断します。
headlinesbyline columns
IMG_9794
軒先から施工開始です!
まずボルト固定する下穴をキリで開ける作業からです。
IMG_9796
軒先に屋根材を並べボルトで固定していきます。
IMG_9675-2
使用させて頂いたボルトは鉄骨下地専用のパッキン付きボルトネジ13㎝です。
columns
IMG_9848
手のひらにのせても存在感があります。
波型スレートをぶち抜き下地鉄骨まで貫通させ固定しますのでこれだけの長さが必要なのです!
IMG_9838
二段目の屋根材を施工していきます。
IMG_9858
施工中は基本波型スレートの上は歩かないのが鉄則なのです。
劣化している波型スレートは割れやすく下地が無い箇所を踏み外し墜落事故が起これば大変です。

columns
IMG_9869
作業も終盤に差し掛かり既存の大波板スレートも綺麗にカバーされてきています。
IMG_9883-1
棟に取合う箇所の板金は曲げて立ち上がりを作り雨水の浸入を防ぐのです!
IMG_0083-3
万が一雨水が吹き込んでも心配ありません!
columns
IMG_9895
既存のベンチレーターの下に板金は差し込んでいます。
※ベンチレーターとは大きな換気口
IMG_0160-2
ベンチレーターを包み込むように雨仕舞仕上げを行いました。
IMG_0220-2
大棟の棟板金を取付作業完了です!
columns
IMG_0105-2
切り妻屋根半分の大波型スレートをカバー工事する事が出来ました。
IMG_0166-2
ケラバと棟板金の取合い箇所も綺麗に取り付けることが出来ました!
IMG_0127-1
棟から軒先にかけてのケラバ板金ですが大きくて存在感があります。
これで吹上や吹込みの雨水も大丈夫です!
columns
IMG_3526-2
津熊工業様のリファインルーフで大波型スレートのカバー工事も無事に終える事が出来ました。
IMG_3536-1
ボルトビスの固定もすべて終わり竣工です!

headlinesstrapline

小波型スレートのカバー工事(鉄骨下地)大阪市此花区現場写真

columns
IMG_3510-1
小波型スレート屋根をカバー工事させて頂きました模様をご紹介させて頂きます!
現場は此花区の準工業地帯で金型を製造されている会社様です。

小波型スレートは大波型スレートに比べ屋根の上からの耐久性は少し弱いような感じがします。
下地は鉄骨ですので軸組のC型鉄骨の上を踏み外さなければ突き破ることはありませんが作業は慎重に進めたいと思います。
columns
IMG_3319
工場内に引き込んでいます高圧線を高所作業車を使用し養生していきます。
IMG_3323
養生作業も無事に終える事が出来ました。

IMG_3328
次に作業用外部足場を組ませて頂きます。
鉄骨下地にアンカーを打たせて頂きましたので強風が吹いても倒れません!
columns
IMG_3356-3
波型スレートをカバー工事する材料です。
既存の屋根の流れ寸法を測り工場で加工してきています。
IMG_3359-2
レッカー車を使用し材料を屋根に搬入していきます!
IMG_3361
手上げですとかなりの労力ですがレッカーを使用すれば1時間程度で搬入できました!
columns
IMG_3382-1
波型スレートの耐久年数は25年から30年くらいと言われていますが築年数を考えますとよく頑張ってくれた屋根だと思います。
IMG_3379-1
材料を間配り作業開始準備は整いました。
下地処理としまして既存のボルトの頭を切断し屋根の凹凸を無くします。
IMG_3421
次にしたタイトフレームを取付い準備は終了です。
columns
IMG_3376-1
使用するパッキン付きのボルトビスです。(鉄鋼用)
IMG_3411
谷樋もガルバリウム鋼板で加工したものを取付軒先の出幅を少しだけ被せ波型スレートをカバーしていきます。
IMG_3405
棟際は専用のレンチで曲げお越し雨水が回り込まないように雨仕舞をします。
columns
IMG_3453-1
屋根面を葺き終えればケラバ箇所を取り付けていきます。
IMG_3464
棟板金を取り付ける前に風よけのエプロンを取り付けていきます。
IMG_3471-1
棟板金も規制の商品では作られていないためあらかじめ加工し、段取りよく作業を進めていきます。
columns
IMG_3473-1
棟板金の接合部分にはコーキングを忍び込ませ雨仕舞とさせていただきました。
IMG_3480-1
既存のC型鉄骨下地にボルトビスで固定していきます。
IMG_3491
既存のテレビアンテナを戻し小波型スレートのカバー工事は2日で無事に終えることができました。

beforeafter
before1
IMG_0760-1
既存の小波型スレート
白く見えるところは灯り取りでございます。
horizontal
after1
IMG_3502-1
小波型スレート専用のガルバリウム鋼板できれいにカバー出来ました。
headlinesstrapline

3.小波型スレートのカバー工事(木造下地)豊中市現場写真

columns
IMG_7635-2
小波型スレートのカバー工事の模様をご紹介させて頂きます。
現場は豊中市で測量会社を営む会社様で台風被害で屋根が飛散したとのことでした。

波型スレートは戸建てに使用されるスレートよりも厚みがあり耐久性や遮音性に優れていると言われていますが大型台風には耐えきれなかったようです。
columns
IMG_0323-1
屋根裏からの撮影ですが見事に吹き飛ばされていました。

IMG_0404-1
屋根に上り養生をさせて頂きました。
土嚢袋に土を詰め約15キロを3階屋根にあげる作業はかなりの重労働でしたが
会社様の従業員の方が手伝ってくれましたので大変助かりました!
ありがとうございました。
IMG_7417
養生から着工まで1カ月近くお待ちいただきましたが、無事に足場も組みあがり作業開始する事が出来ました。
columns
IMG_7420-1
立地条件が良かったためクレーンで材料を搬入する事が出来ました。
IMG_7422-2
波型スレートは劣化すると割れやすいため屋根の下地がある箇所にリンギを敷き材料を仮置きし作業前準備は終了です。
IMG_7449
既存のボルトビスを散髪しタイトフレームを取り付けながら施工を進めていきます。
columns
IMG_7469
小波型スレートのカバー工事の際はジョイント部分が下がらないよう土台としてタイトフレームの取付が必要なのです。
IMG_7445-2
ケラバ箇所からガルバリウム鋼板でカバーしていきます。
columns
IMG_7468
固定するボルトビスはパッキン付きで木下地専用です。
IMG_7452
綺麗にカバー出来ました。
columns
IMG_7436
棟に取合う箇所には専用の工具を使い曲げお越し雨水が棟に回り込まないように雨仕舞します。
IMG_7483
棟板金の幅を墨出しをしエプロンという風よけの役物を取り付けていきます。
IMG_7476-2
エプロン取付完成!
columns
IMG_7608-1
棟板金を取付けビス頭ジョイントにコーキングを打ち作業終了です!
既存の小波型スレート屋根を1日でガルバリウム鋼板屋根へと大変身させることが出来ました!
IMG_7609-1
追い出しも完璧で左右の山のラインが真っ直ぐ通っています。
columns
IMG_7597
棟とケラバ箇所の取合いも綺麗におさまっています。
IMG_7596-1
ボルトビスも木下地にがっちり固定出来ました。
columns
IMG_7580
下屋根箇所も飛散物により被害を受けていますが部分補修で修理させて頂く事にしました。
IMG_7579
同じ規格のガルバリウム鋼板(小波用)で補修させて頂きました。
beforeafter
before1
IMG_0406-1
ブルーシート養生ではいつ破れたり、飛ばされるか心配ですがもう大丈夫です→
horizontal
after1
IMG_7609-1
重厚感のある屋根へと大変身を遂げました。
ガルバリウム鋼板は軽くて頑丈!
使用させて頂いた屋根材は1㎡10キロ前後ですので建物への負担もあまりありません。
texts
波型スレート屋根は耐久性、遮音性に優れているため工場や倉庫の外壁や屋根に多く使用されています。

ただ波板スレートは簡単に言いますとセメントですので衝撃には弱く割れやすいのです。昨年の台風21号で関西国際空港に向かう湾岸線沿いの工場地帯でもかなりの被害がありました。

最近では軽量かつ耐久性に優れたガルバリウム鋼板を使用した工場も増えているのです。
その中でもカバー工事は工期も短く作業を止めて頂く事もほとんどなく波型スレートの後継材料として活躍してくれそうですね!
弊社では波型スレート屋根をはじめ戸建て、工場、倉庫、マンション屋根と屋根に関する工事を得意としています。
どんな屋根でもお任せください!!
                 代表取締役 杉本匡志

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41