高槻市 現状調査後の屋根材選び


「隣家から二階屋根の瓦が崩れてる」
と言われ弊社に調査依頼が来ました。
S型粘土瓦(黒)の屋根材が使用されていました。棟部分の崩壊・苔の繁殖が顕著でした。
棟部分の積替えや部分補修、30年以上経過している事もあり屋根全面葺替えを提案しました。
施主様は全面葺替えを希望されました。ガルバリウム鋼板立平での提案でしたが、
仕上がり写真を観られてイメージに合わないとの事でした。
そこで各種の軽量瓦を御紹介し今回は「富士スレート・ドリーム30 ブラック」を選択されました。
弊社でも初めて扱う屋根材です。
カラーベスト
弊社提案によりS型粘土瓦屋根の全面葺き替えとなりました。
屋根材選択になり瓦屋根から瓦の葺き直しは除外しました。理由としては、高額・重く耐震性が低いからです。
まずはカラーベストの通称で広く知られているケイミュー:コロニアルクアッドを提案しました。
理由としては、軽量で瓦屋根に比べると3分の1重量で建物への負担軽減により耐震性増加に繋がる・
弊社側の事情も含み着工に早期対応可能なのと工事が容易なので工期が速くなる・
カラーバリエーションが豊富でデザイン性もあるので施主様の意向に沿っている・等でした。
施主様からは「どこにでもあるし、色褪せてるのをよく目にするから印象悪い」
との事でコロニアルクアッドは廃案となりました。

立平
次に提案したのはガJFE工業:ガルバリウム鋼板での立平葺きです。(ここからは立平とします。)
理由としては、3種類合板なので各素材の特徴である防錆性や耐火性に優れている・瓦屋根6分の1以下の重量で建物への負担軽減により耐震性に優れる・等でした。
立平
施主様の回答は「安っぽい」・・・一蹴となりました。
確かに瓦屋根に比べると重厚感が劣るのは否めません。
施主様も「特徴は素晴らしいけど屋根は目線に入るから、
美観も大切なんです。」との事でした。
ドリーム30
施主様から「粘土瓦より軽量で重厚感があって、あまり他で使用されていないものは無いの?」
との事から:富士スレート・ドリーム30 ブラック を提案しました。
製造販売元の富士スレート、キャッチコピーは
「和風・洋風を問わないシンプルなフォルムでありながら、実は柔軟な表現力を内に秘めたドリーム30。
 深みのあるアースカラーは重厚感、グラデーションカラーはカジュアルな雰囲気を生み出します。オンリーワンのルーフデザインへの期待に応えます。」
となっています。こちらの屋根材で決定しました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........