オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

吹田市で棟の積み直し工事竣工まであと2日。


columns
IMG_9724
棟の取り直し工事は残り2日で竣工します。
工事は6月という雨季で何度も何度もできず、棟の取り直し工事31mと谷板金の入替工事で約2週間ほどかかってしまいました。
しかし棟などは一滴も雨水を入れたくないですし、完璧に工事したいので工期は少しかかりましたが、やっとのことでここまできました。

IMG_9723
棟の積み替え工事は部分的においあての瓦を差替えます。もう少し棟に瓦をかけたい場所は瓦を部分的にカットし差替えます。
棟からの雨水の浸入を絶対させない為に、差替えます。
columns
IMG_97281
棟の瓦の差替え部分は瓦を捲りますが、葺き土も部分的に撤去します。
撤去した葺き土の代わりに今度はなんばんを詰めて瓦を固定させます。
屋根からの雨漏りは棟から浸入していることが多く、棟の積み直しを慎重にまた丁寧に積み上げる作業をします。
IMG_9732
棟が歪んで積まれないように、またここに南蛮を詰めのし瓦を復旧していきます。

columns
IMG_97341
葺き土の量ですが葺き土は職人の手によって詰める量が異なります。多い方が良いのか、少ない方が良いかというと比較的多い方が良い方がいいと思われます。
これは瓦を留める上で土はかなり重要で、少なすぎるとやはり瓦がガタついたり、安定度に欠けます。
逆に多くなると確かに屋根にかかる負担は大きくなりますが、安定して瓦がしっかり乗っています。ここの写真の瓦の上に土がついていますがこれは多すぎると判断できます。瓦の立上りまで土がつくと土に雨が万が一付くと、浸透して中に土がまわってしまう危険性があります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

お客様宅にて

※2021年5月7日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府三島郡で雨漏りにお困りですか?今回の現場ブログでは、弊社が三島郡でおこなった無料雨漏り点検の模様をご紹介します。繰り返す雨漏りにお悩みなら、まずは弊社の「無料雨漏...........

お客様にご挨拶

※2021年4月14日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。池田市で繰り返す雨漏りにお悩みですか?今回の現場ブログでは、弊社が池田市でおこなった「無料雨漏り調査」を大公開します。プロが徹底的に原因調査し、最適な雨漏り修理方法を...........

補修後の屋根瓦

※2021年3月28日 記事公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦一枚だけで業者に来てもらうのは気が引ける…」「ちょっとした瓦のトラブルでも来てもらえるの?」豊中市でこのような瓦屋根に関するお悩みをおもちですか?今回の現場ブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41